カフェ代かかりすぎ2019年06月30日 20時15分20秒



この2年ほどほぼ毎日、1日に一回はどこかのカフェかファーストフード(ミスドかモス)に立ち寄っては文章を書くという習慣が完全に定着しているが、ふとそのカフェ代というのを考えてみると、平均300円として×365日……これって結構洒落にならない額ではないかと(今さらに)気付いた。FPに家計診断してもらったら、確実に怒られることだろう。いくら書いても1円にもならないのだし。

コンビニのイートインなら安く済むのでは、という話もあるが、実際様子を見ていると落ち着かなくて文章など書けそうにない。いや、家で書けばいいだけなのだが、集中度が全く違うのである。感覚的にカフェは仕事場なのだ。

しかし、おかげで文章は大変良く書ける。この四か月ほどは、長編・短編を休止して、一話6枚のSF系連作掌編を書くというのをしていたが(全て未発表。売り物になるかどうか考えずに、好きなことを書ける)、すでに30話を超えて合計200枚近くに達している。年産500枚くらい行ける計算になるが、実際はまあそうは行かないんだけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック