(世の中は)GW20222022年05月08日 19時26分06秒








今年のGWも今日で終了。今年は割と長期で休みやすい祝日の配置だったようで、コロナによる行動制限も久々の緩和ということで、楽しんだ方も多かったでしょう。

と、他人事みたいな言い方なのはもちろん、こちらはずっと休みなので、祝日も何もほぼ関係ないからですが、そうは言っても世の中に合わせて行動することもあるわけで、やはり今年もGWが来たなあという感覚はありました。
毎日が休み、というのに未だに馴染めない部分もありますが、休みのしわ寄せで毎年締め切りがタイトになる仕事の調整に苦労する必要はないわけで、そりゃ楽ですよね。

そういうわけで、正月以来の奈良へ帰って来て、平城宮跡に出かけたりと滑り出しは好調だったGWですが、三日目くらいに車に乗ろうとガレージに向かったところでうっかり転び、足をかなり痛めてしまいました。

それでも、公園(室生山上公園芸術の森)にそのまま出かけて、痛い足を引きずりながらも半分くらいは見学ができたくらいだったのですが(ほとんどは座って景色を眺めてましたが)、数日経っても痛みが一向に治まらない。

さすがに心配になって整形外科を受診したら、腓骨という下腿の細い骨が、スパッと綺麗に折れてました。そりゃ痛むはずですが、「まあ大したことはない、一ヶ月ほどで治る」とのことで、簡単な治療用装具をつけて固定することになりました。

歩くのは大変ですが、大人しくしていれば痛みもないし、とにかくしばらくステイホームに逆戻りの生活をするしかありません。
折角のGW、天気がいいのにもったいないなあと空を見てましたが、治ってからも日はいくらでもあるわけで、今は在宅でできることをやるしかないですね。

神戸どうぶつ王国(2022年4月)その22022年04月30日 12時45分08秒








月曜の神戸どうぶつ王国続き。

スナネコさまたち以外もたくさん撮ったのですが、どうしても力が入るのはネコ科メインになりますね。
今回はマヌルさんが奥のほうにいて、あんまり撮らせてくれませんでした。国際マヌルネコデー直後でお疲れだったのでしょうか。
サーバルちゃんが、なかなか良いお顔を見せてくれましたが。

今日はGW開始で、混雑してるのかなあ。平日にふらっと行けるのはありがたいことです。

赤ちゃんスナネコ&ヤブイヌ@神戸どうぶつ王国2022年04月29日 17時39分55秒








というわけで、せっかく平日自由に動けるんだから行かないとと思ってた「神戸どうぶつ王国」に、月曜日また遊びに行ってきました。
もちろん目当ては、話題の四つ子スナネコベビーで、相手が子猫だけに必ず見られるとは限らないとは思っていたのですが、ついたら普通に目の前でお母さんと一緒にみんなでお昼寝をされておられました。

あと、ヤブイヌ(ブッシュドッグ)の双子の赤ちゃんも生まれたと言うことで、もちろんこちらも見に行きましたが、最初はずいぶん奥のほうで寝ていてほとんど見えなかったものの、二回目行ってみたら元気に遊びまわっていました。

子スナネコも子ヤブイヌも、とにかく寝ているか走り回ってるかのどちらかなので、写真に撮るのも大変でしたが、そこは新鋭D7500の威力で、何とかAFが追い付いてくれました。
もちろん、他の動物もたくさん見てきましたが、あそこは楽園なんですよねえ……。冬場の前回は特にそう思いましたが。

結局4時間いて、少し神戸の街も見たかったので閉園前に引き上げてきましたが、平日だとラッシュアワーが難点ですね。5時ジャストには三宮出ました。
(大阪・京都間は京阪が始発なので一本見送れば確実に座れるので問題なし。プレミアムカー乗ったろか、とも思いましたが)。
贅沢言ってるな、とは思いますけどね、自分でも。

肩書2022年04月24日 23時21分58秒



今週はあと一人、本社時代の大師匠と昔からのお馴染みの店でお会いすることになり、とりあえず今月人に会う予定はこれで最後。
退職からもうすぐ一か月だが、暇を持て余すような感じはほとんどしなかった。
元々やりたいことが多すぎたのが、仕事とその疲れで何にもできてなかったんだなと実感している。特に疲れは、体の芯まで入り込んでいるようだ。

さて、今の自分が何者かというと、「失業者」「無職」ということになるだろう。
高い会費がもったいないので、開業登録もまだしていないから社労士も行政書士も名乗れない(多分、行書のほうは登録しないけど)。

とはいえ、開業登録を見据えて、Web上での収益事業はすでに立ち上げ始めていて、売り上げが立つ見込みはまだ全くないものの、理屈上はお金(広告収入)が入ってきてもおかしくない(頭上に隕石が落ちてくるくらいの確率だが)。
となると、すでに起業はしてるわけで、「IT起業家」などと名乗ってもいいのではないか。

いや、そんなキラキラ肩書、やはりどう考えてもあまりに現状と遠い。

いいじゃないか、「無職」。事件を起こすこともないはずなので。
長らく現場を支えてきた者たちをリストラしたがってる社の人事、「お前が消えて喜ぶもの」に自分の舵を任せるよりは、よほどさっぱりして気持ちいい。
(実際には、資産運用の収益はいくらか入っています)

慰労会と、またしても市内GOTO(市内ワクワク?)2022年04月17日 22時10分45秒






金曜日に、前の職場で一緒だった、気を遣わなくていい仲の良い人たち数名(といってもうち二人は当時の上司)で、退職の慰労会を開いてくれた。おいしい焼肉も食べられて楽しかったが、仕事の専門分野の話をするのはやはりもっと楽しい。

具体的に、臨時雇用の枠が何日あるという話までいただいたが、さすがにまだ当分は違うことをしたい。資格も取りたいし、始めたばかりのWeb系の事業を、100円でもいいから収益を出せるところまで軌道に乗せたい(毎日原稿書いてる)。
大変そうな状況は良くわかったので、ボランティア扱いになるだろうけど、新入社員さんへの研修くらいならやりますよ、と言っておいたが。
(講師謝礼、という形で処理するのは、現場の予算では無理だろう)

で、場所は四条烏丸だったのだが、近くに例によって「京都魅力なんとかプラン」の使えるホテルがいくつかあったので、一泊朝食付き実質1000円というプランをまたしても発動した(宿泊税が別に200円)。
解散してすぐにホテルに戻り、大浴場(小さめだったけどきれい)に浸かってから部屋でゆっくりして眠るのは実に楽で、思い切り爆睡してしまった。
ビジネスホテルよりは少しランクが上のようで、朝食のバイキングもなかなか充実していた(自分の盛り付けがひどいので、ポスターの写真にしておきます)。
これは今後も使います。

通勤定期が無くなって、四条烏丸に出る機会も減ったので、翌日はCOCON烏丸などをぶらぶらして帰ってきた。。
あのオープンスペースのような場所がリニューアルされていたが、結局前のレストランの後には店が入らなかった、ということのようだ。

プールやティータイム2022年04月10日 18時54分28秒







4月に入って早くも10日、することがなくてかなり暇になるかと思っていたが、役所の手続きとか色々やっていると意外と毎日あっという間で、なんか予想外の感じである。

法人会員として使っていた「高いほうのプール」もこれでお別れ、と思っていたら個人会員の会費が実は安く、しかも春のキャンペーンとかのおかげで、一時的ではあるが近所のプールより安いんじゃないかという値段で使えるので、入会の申し込みもしてきた。
これで、流水プールやジャグジーなどの充実した設備も引き続き使えるし、大浴場もあるので風呂代も浮くということになる(ガスがあまりにも高いし馬鹿にならない)。

昨日は、結婚して近所に引っ越してきた、本社時代の後輩(当時はほぼ新人だった)が、僕が辞めたと聞いてすぐ「お茶でもしながら話しましょう」と誘ってくれたので、前から気になっていた町家カフェに行ってきた。
営業していない日も多い感じで謎の店っぽかったのだが、昨日はうまいこと営業していたのだった。
(平日メインの隔日オープンで、17時までの営業とのことだった。それでなかなかやっているところを見かけなかったらしい)

「飲みに行きましょう」じゃないのがなかなか面白いが、僕は酒を飲めないし、今や彼も役職が付いてるからコロナ下で酒席はまずいと思ったのかも知れないが、このほうが僕は正直ありがたい。彼もそれはよくわかっているようだった。
ちなみに昨日は、他のお客さんは1人しかいなかったようで、本当にゆっくり昔話や今後のことを話せた。

店内はご覧の通り、まさに昔ながらの町家そのままで素晴らしい雰囲気。
「一人で来て、パソコンで作業などをしても構わないですか?」と聞いてみたら、そういうノマドワーカーっぽいお客さんも他にも来てはりますよ、ぜひということなので、また利用しようと思う。
知れ渡ったら混んでしまうかもしれないが、こちらは平日に来れるから強い。

水路の桜20222022年04月03日 21時21分57秒








毎年おなじみの、近所の水路の桜並木。今年もやはり、散歩がてら出かけて来ました。しかし観光客の増えたこと。それほど広くない通りに人が多すぎて、電気走行では前に進めない場面も。

しかし、今年はパーフェクトに満開に当たりました。
何だか、毎年新機材の実験場みたいになってる気もしますが、当然今年はD7500に去年買ったタムロンの2.8通し(A16)を装着して撮影。
上位中級機のレスポンスその他の、快適なこと。重量では当然エントリー機よりも重いのですが、むしろ軽く感じられるくらいでした。

撮影画像をSNSサイズに自動で縮小してバックグラウンドでスマホにBluetooth転送してくれるSnapBridgeの機能も、今まで使ってきたこの手の機能の中で、ようやく普通にまともに使える感じで、これも便利でした。
D3300のWifiアダプターとニコンWMUアプリの組み合わせなんか、ひどかったもんなあ。まともに転送できるときのほうが少なかった。

年度代わりのこの時期、桜を見ている時も、何か漠然とした仕事への不安をいつも心のどこかに抱えていたものですが、今年はなーんにもなし。
今年度は、僕の専門分野は大変な年になるはずなのですが、わざわざ最悪の時期に戻る気はないのでもう関係ありません。

と言いつつ、頼まれたら助けに行きそうな自分が、むしろ怖い気も。理論系のアドバイザーでいいならいくらでもやりますけどね。クレーム対応はちょっと。

See you again2022年03月31日 21時35分28秒



というわけで、長年勤めた会社を早期退職しました。
当面は充電期間ということで、のんびり過ごしますが、人脈がかなり強力に残っているのと、専門分野の知識などでは多分そうそう勝てる人もいないので、また同じ職場に委託などの形で戻ることもあるだろうと思います。(よそも見ておきたいとは思っていますが)。
その日まで、わが社の上司・友人・後輩の皆さん、ごきげんよう

(暫定)最後の週末2022年03月27日 22時04分18秒



先週の続きみたいな感じですが、前の支社時代の大ベテランさん(今週で再雇用終了)と若手とで、昨日はランチをしてきました。
話題の中心はやはり僕以外の二人が受ける社労士試験。僕も基本情報を取る話をしました。
今はやはり僕が資格を取った時代と違い、ネット広告でよく見る通信による講義がほとんどだそうです。基本情報はそこまでしなくても取れそうですが。
講義を受けるなら会社の福利厚生で安く申し込めるそうで、やめるまでのあと4日間なら可能だそうです。

そういうわけで昨日はテンション上がりすぎ、昼から食べ過ぎで、飲んでもいないのに今日はしんどくて、ご飯の量を落として月曜日に向けて一日おとなしくしてましたが、「月曜のために節制する日曜日」は暫定ながらこれで最後です。信じられない。

来週の今頃は、ワードプレスなどを使って開業向けサイトの構築などをのんびりやってるのかな。
後輩たちから次々と、仕事の予約に限らずお茶のお誘い(お酒飲まないの、みんなよく知ってる)なども入ってきたので、案外忙しくなるかもしれませんが。

寂しくもあるけど、幸せです。それこそ、○○年ぶりに。

資格ブーム/個人的成果2022年03月21日 13時06分12秒



とりあえず最後となる三連休は、ちょこちょこと用事をこなしつつ、まずまずのんびり過ごしている。寒いし、もうちょっとしたら自由自在に出かけられるので、遠出は無し。ひたすら某ペイの大量に降ってきたクーポンを活用して、節約しつつ好きなもの買って過ごす(今日のお昼は300円の割引クーポンでデラックスほか弁)。

自分で言うのもなんだが、僕の退職というのはやはりそれなりにインパクトがあったようで、周囲ですでに3人が社会保険労務士の勉強を始めた。

退職するに当たってお世話になった現職場の課長(定年になったら起業すると明言してはる)、前の職場で新人時代からの付き合いのある若手、同じく前の職場でお世話になった大ベテランさんと、一見バラバラなメンバーだが、つまりいつも一緒に晩御飯などに行ってた仲間三人のうち二人が、社労士試験を受けることになった。
正直、この皆さんのレベルなら努力すれば確実に通る。頭も切れるし、実務能力もあるからだ。

ここは僕もさらに一歩先をということで、今までは時間対効果で迷っていた情報処理技術者試験を受けることにした。しばらくは、時間がかなりできるはずだからだ。すでに初級シスアドも持ってるので、まあ受かるだろう。
(早くも、「いつからなら来ていただけますか」と昔の後輩から仕事の打診も来てるが、さすがにちょっと休む。今年の新年度が昨年までを上回る、部門史上まれにみる地獄になるのは良く知ってるし、即戦力で助けて欲しいのだろうから悪いんだが)

実務能力のある資格、しかも全く違うスキルの要求されるもののかけ合わせは、威力が大きいとされている。
元々、一応簡単なプログラムを書けるくらいのスキル(おかげで、昨年の夏は所得計算などにプログラム電卓を使えて助かった)があるから、取っておけば役にも立とう。

             *          *          * 


これも全く別方向の、小説のほうの話だが、一般文芸特化型の小説サイトが主催する新人賞で、三次選考通過(約1000作中12作)という成果が出た。

そのうち5作が最終候補で、またしても惜しいところだが、前回も1200作中11作で最終候補を逃しており、ラスト一線というのはなかなか高いハードルなのだ。
1/100より1/2のほうが超えられない。

ただ、不思議なことに12作中で短編は自作のみで、もしかして短編集収録などがないかとまだ期待している(前回も期待して駄目だったが)
エンタメではなく純文学寄りのもので途中選考を超えたことは今までなく、それだけでも嬉しいのだが。文章力が上がっているのだろうから。

ともかくなんにしても、レールの方向性は決まっている。あとはペダルを漕ぎ続けるのみである。
ま、上層部がアレな破たん直前のあの会社で正社員を続けるよりは楽だ。