マイ・リゾート2016年12月03日 23時41分56秒



というわけで、洲本温泉に来ています。
何かと遊びに来ることの多い、気軽なマイ・リゾートとでも言うべき淡路島ですが、意外にいつもの旅行メンバーで来たことはなく、洲本温泉も初めて。
去年の12月初めは石垣島だったけど、淡路じゃさすがに寒いだろうなと思っていたのですが、これが予想外に暖かく、昼間はセーターもいらないくらいでした。今年の正月に来た時もずいぶん暖かくて、まあ偶然だとは思いつつ、淡路島=暖かいというイメージがなお強まることになりました。
明日は島のさらに南側にある沼島へ渡る予定です。

円山公園の紅葉2016年11月27日 19時46分00秒







今年は恒例の丹波方面に出かける機会もなかったので、円山公園の辺りを少しだけうろうろ。
人が大勢いるのは実は八坂神社の辺りだけで、少し奥へ入れば驚くくらいにガラガラで、そのギャップに驚きました。円山公園、こんなに雰囲気が良かったのか。

来週は、これもいつものメンバーの準恒例行事となっている近場温泉旅行企画で、淡路島の洲本温泉に出かけます。何度か通ったことがあって、一度行ってみたかったのですが、今回調べてみたら結構高級なお宿が多いのが意外でした。
時期的なものもあって、この近場温泉旅行では物思いにふけりながら湯に浸かるというパターンも多かったのですが、今回は何にも考えずにのんびり風呂に入ります。

木津川アート2016・上狛&高麗&開橋エリア2016年11月26日 21時32分45秒








木津川アート2016最終日の先週日曜日、今度は南部の上狛、高麗、開橋の3エリアを巡ってきました。今度は範囲がばらけていて広いので、車での移動。
やはり、話題になっていた山城プール(水の上に特殊なフィルムが敷かれていて、水の上を転がったり這いまわったりできる)が面白かったですが、それ以外の展示もレベルが高かったです。ホテル山城跡など、ちょっと怖かったですが。
一応全ての展示をコンプリートしましたが、最後の椿井公民館に着いたのは終了直前の午後4時。椿井大塚山古墳(ここに行ったのいつ以来だろう?)まで行くのに手間取って、最後のほうは早足で疲れたのと、例によってアート酔いを起こしたこともあって、ふらふらになりました。

町並み写真館「神辺宿」2016年11月23日 22時14分19秒



まちなみ街道の町並み写真館に、広島の神辺宿を掲載しました。
一昨年の12月に、クリスマスの福山市内をうろつこうとしたついでに出かけた場所で、それほど大きく期待していたわけではなかったのが予想外に良くて喜んだ、というパターンの町並みです。
素晴らしい天気で、しかも大変に寒かったのを覚えています。
さらに福塩線に乗って府中市まで出かけたのですが、そちらの町並みはまた改めて。夕暮れの府中はさらに寒くてわびしく、あれは良かったなあ。

木津川アート2016・棚倉エリア2016年11月13日 18時54分27秒










現代アートづいてる今年の秋、今度は京都の木津川で開催中の木津川アート2016へ。こちらもびわこビエンナーレと同じく、2年に1回の開催。
主に棚倉と上狛の2エリアで開催されていますが、今日は北側の棚倉へ。山背古道に沿って走るJR奈良線の沿線はかなり歩いていますが、玉水駅と棚倉駅の間はまともに歩いたことがありませんでした。もちろん現代アート作品も面白いのですが、やはり会場になっている古い建物の数々が興味深く、街道歩きとしても楽しかったです。さすがは、京都と奈良の間に位置する地域だけのことはあります。

新型ニコワン・J52016年10月29日 20時50分44秒


(左・Nikon1J5 右・初代RX100)

(左・Nikon1J5 右・Nikon1V1)

というわけで、すでにここでも写真を使ってるわけですが、先日新たにNikon1シリーズ(ニコワン)の最新機種であるNikon1J5を導入しました。

初代RX100と初代ニコワンであるV1の組み合わせで4年間、1インチ機艦隊として運用してきたのですが、小型APS一眼であるD3300の投入で出番が減ったV1はまだしも、RX100はどこへ行くにもほぼフル出動。それでも大きなトラブルもなく元気に活躍しているわけですが、代替機を入れて少し出撃頻度を下げようかと、以前から検討していました。
一番の候補が、ニコワンの小型ラインであるJシリーズだったのですが、昨年の春に最新のJ5が登場し、これがあらゆる面で高評価。値段がこなれたら買おうとずっと考えていたのですが、なぜか先日JoshinWebでレンズキットがえらい安値で出てたので、ついに買ってしまいました。

本体サイズはほぼRX100と同等という、非常な小型軽量。実際にはレンズがつくのでやはり完全にコンデジ代わりとは行きませんが、要するにはレンズ交換できるRX100といったところ。V1と比べると、一回り以上小型です(その代わり、ファインダーなしですが)。
画質面では、歴代ニコワンシリーズがどうしても勝てなかった、同じ1インチ機であるRX100シリーズをついに追い越しました(ソニー製センサーとの噂も)。
APS機のD3300で撮った写真と比べても、ボケ量と、ISO1600といった高感度域では差がつくものの、ぱっと見は区別がつかないほどです。

操作性の面で特に評価が良くなかったニコワンですが、今回からはモードダイヤルやコマンドダイヤルに前面ファンクションボタンまで新設されて、普通のミラーレス機と変わらなくなりました。超小型だけに、色々ダイヤルやらがついている高密度感がなかなか面白い感じ。
こういうものが3万円ちょっとで買えてしまうのだから恐ろしい話ですが、換算18ミリから270ミリまでそろっている5本のレンズをフル活用して、RX100の領域まで一部カバーする新たな主力機として活躍してもらうつもりです。

登り続けるが2016年10月24日 23時11分47秒



先日落選した某賞の最終結果が発表されていたようで、同時に応募者数の詳しい数字も出ていた。短編では1400人超の応募があったようで、その中で11位にまで入ったわけだから、倍率にすれば大体130倍、上位1%よりもまだ上まで行ったことになる。
しかしまあ、落選には違いないわけで、これを励みにさらに書き続けて行こう、という場面なのだが、少々困ったことが起きた。

長く利用している某投稿板なのだが、自力での削除ができない仕様になってしまっている作品の削除依頼を出したところ、何の返事も返ってこなかったのである。フォームからメールも送ったのだが、1月経っても音沙汰なし。
どうやら管理人さん、掲示板の管理から手を引いてしまっているようなのである。削除不能になる恐れがある以上、どこかに発表する可能性のあるものは投稿しづらい。そもそも、まともに管理されていないようなサイトを利用するのは何が仕込まれるか分からないから危険なのである。

こうなると移転を考えるべきなのだが、あちこち覗いてみてもどうも気に入った場所がない。決断できないまま、連載中断中の長編がただ進んでいく。困った。

BIWAKOビエンナーレ20162016年10月22日 23時29分07秒



滋賀県近江八幡市の旧市街、八幡堀近くの古い町並みで開催中の現代アートイベント、BIWAKOビエンナーレ2016を見てきました。
アートイベントも久しぶりでしたが、ここは歴史も古くて知名度のあるイベントだけに、さすがにレベルも高かったです。規模・水準ともに関西でも最高ランクの町並みでの開催だけに、会場になっている建物もどれも面白くて、アートと会場そのもの半々くらいの感じで見て回ってました。
いつも通り、一通り見終わった最後にはアート酔いでふらふら。静かな八幡堀を歩いて、酔い冷ましをしてから帰ってきました。








町並み写真館「岸和田」2016年10月16日 19時48分20秒



まちなみ街道の街並み写真館に、「岸和田」を掲載しました。
大阪の町並みを載せるのは四箇所目ですが、ここもあまり知られていないなあと思います。
伝建でもおかしくないくらいの雰囲気があって、岸和田市の景観保全地区にはなっているようですが、大阪府の文化関連予算は全国でもダントツで最低らしいので(人口1人当たり80円とか)岸和田市が孤軍奮闘で何とかしている感じなのかもしれません。頑張ってこの景観を残して欲しいと思います。

回線変更2016年10月15日 21時40分38秒



懸案の一つになっていた、インターネット接続業者の乗り換えを、ようやく実施した。
マンション内での業者間の競争が相当すごいらしくて、某ケーブルテレビ事業者がえらいお得なプランを持って来たのだが、携帯の料金も下がるし、NHKの受信料も下がるしに加えて半年間はさらに割り引くというので、今までと比較すると接続料金は実質0円どころか大幅なマイナス。半年浮いた分だけで、ニコワンが買えてしまうほど(ほんとに買っちゃったが)なのだった。
固定費削減は何と言っても効果が大きく、今後数年間給料が徐々に下がっていくのが決定した中で、これは助かる。

CATVなので光回線に比べると遅いらしいが、今までがマンション構内の電話線を使ったVDSL経由でかなり遅かったので、測定してみると10倍の速度が出ている。そもそも、今まででさえ遅くて困ったことなど一度もない。これで十分以上である。