明石海峡の空から2018年07月16日 20時50分04秒





海の日の今日、いつもの旅行メンバーで「明石海峡大橋ブリッジワールド」というのに参加してきました(昨日は近江舞子、今日は神戸の舞子)。明石海峡大橋の内部を見学したり、世界一の高さだという主塔の上に上がったりできるという体験ツアーで、かなり以前から行こうという話はあったのですが、ようやく今日の朝からの枠で予約が取れたのでした(かなりの人気があるようです)。

まずは橋についての集団レクチャーを受け、ヘルメットとベストを着用してからツアーに出発。カメラやスマホは、全てストラップで首から下げないと持ち込ませてもらえません。
まずは管理用の階段を下りて通路を歩くのですが、足元は全て網状のグレーチングで常に数十メートル下の海面が見えている状態。最初の階段に一歩踏み出した時点で、うおっとなってしまいますが、高所恐怖症の人はもうここでギブアップだそうです。

1キロほどスケスケ床通路を歩いて、主塔のエレベーターへ。約298メートルの高さまで上がり、主塔の上から神戸側と淡路島側の眺望を楽しみます。あべのハルカスとほぼ同じ高さですが、ガラスも何にもない生の風景なのですごい迫力、ほとんど真下を見下ろすことができます。しかし、高いところだから涼しいかと思いきや、日影がほとんどないのですごい暑さでした。

約2時間半のツアーでしたが、とにかく普段はまず体験できないような場所ばかりで、非常に面白かったです。高いところがダメな人以外におすすめです。


(この上を歩きます)

(高所恐怖の人は、この階段の時点で無理だそうです。足元はスケスケで海が見えます)

(一見普通の通路ですが、足元には60メートル下の海が見えてます)


(主塔の上。高さ298メートルから真下を見下ろせます)

(狭い通路も。足元にはやはり数十メートル下の海)

猛暑から少し逃れて2018年07月15日 17時39分32秒





地震、豪雨の後には今度は京都の最高気温38.7度という猛暑がやってきた。
せっかくの夏空だしどこかに出かけたいが、さすがにこの気温の中を歩き回っては体調に異変を来しかねず、ハイなままばったり倒れてそれっきりというのも困る。
予想気温を見ると、滋賀の湖西方面はまだましのようだったので、ふらっと湖西線に乗って近江舞子のビーチに行ってきた。

実際、湖西は気温もだいぶ低く(30度ちょっとだった)、ビーチに佇んでいると湖水がいかにも涼しげだ。本当は木陰でゆっくりしたかったのだが、数少ない日陰は本格的に湖水浴に来ている人たちがみんな押さえていたので(当然だ)、足だけ水に浸かって足湯ならぬ足湖水浴ということで涼みながらしばらく時間を過ごした。

しかし、景色は本物の海と遜色ないくらいに綺麗だし(先日からの雨で増水気味なので水もきれい)、淡水だから潮風も吹かず水に浸かってもべとべとしたりもしないしと、単に涼むだけなら海よりもこちらのほうが上じゃないかと思えてきた。
学生時代以来まともに湖水浴などしていないが、奥琵琶湖にでも泊まってのんびり泳ぐというのも悪くないかもしれない。

河港にて2018年07月08日 21時03分56秒


(今日)

(平常時、これでもやや増水気味)

(右側の柵の辺りは、本来は遊歩道)


雨も上がり、警報も解除になったところで、いつもプールに行ってる伏見港公園(5年前の大雨で水没したところ)の様子を見に行ってきた。
一見平和だったが、元々の河港だった水辺まで来てみると、水がほんとに岸辺すれすれまで上がって来ていて、多少は冠水したのかも知れないが、どうにかここで止めたのだろう。ともかく、前回のようにはならなくてよかった。

舟の形を模した休憩所が、増水で水浸しになってまるで本物の舟のようになっていたが、これはこれでもいいのじゃないかと思ったりした。まさか、冠水時はこういう姿になるように見越して作ってあるのかな?

各地状況が段々判明してきましたが、今回の水害の被害は、昨日想定したよりもずっと大規模なものになりそうです。まずは一刻も早く全貌の把握を進めてもらいたいと思います。

(久々のEC-02)

2018年7月豪雨2018年07月07日 22時38分36秒



先週書いた記事が嫌な予言みたいな雰囲気にもなってしまいましたが、全国でも報じられている通り、大雨による被害が西日本から東海の各地で発生しています。まだ今現在も続いているので、最終的にはどの程度の規模の災害になるかまだ全容は分かりませんが、2011年の紀伊半島豪雨のような、平成に入って最悪のクラスにはなるだろうと思います。

水曜の時点では、台風が去った後三日も四日も大雨が続くという予報がほんまかいなと思ってたくらいだったのですが、悪いほうに的中してしまいました。京都でも、いつまで経っても強大な雨雲が居座ったままで、市内のほとんどが避難準備以上という5年前の水害を超える非常事態になっていましたが、幸い鴨川も桂川もどうにか持ちこたえました。
前回同様日吉ダムの状況をずっと見ていましたが、建造以来初の非常ゲートからの放水という事態にまで至ったものの、絶妙の操作で水量のピークをうまく分散させてくれたようです。

写真は6日夕方に見た賀茂川(高野川と合流前)ですが、山からの冷たい水が大量に流れ込んだせいで一面に川霧が立ち込める、あまり見たことのない状況になっていました。幻想的にも見えますが、現場では押し寄せる水量の恐ろしさもあって、異様にしか見えませんでした。桂川も同じような現象が起きていたようです。

しかし、被災現場の映像ばかり見ていると、いつもながら神経にこたえますね。今回は大洲とか矢掛とか郡上八幡などの馴染みのある地名が次々出てくるのもしんどいです。





遠くの嵐2018年07月01日 17時10分48秒






予報では一日雨ということだった昨日、とりあえず昼から車で買い物に出かけたが、南のほうにはどう見ても夏空が広がっていたので、そのまま家に帰るのもつまらなくて1号線をあてどもなく南下。
八幡市内の運動公園にたどりついて、ぶらぶら歩いたり、夏っぽい写真を撮ったりして過ごしてたのだが、そうしているうちに雷の音がどこからともなく聞こえてきた。
北の空を仰ぐと、いつの間にかどう見ても不穏な感じの黒雲が広がっていて、遥か遠くで豪雨が降ってるらしいのが見て取れる。風もどんどん涼しくなり、先ほどまでの蒸し暑さが嘘のようである。

慌ててスマホでレーダーを確認すると、八幡の辺りはぎりぎり大丈夫そうだったが、その東側一帯にはかなり巨大な積乱雲が発生して北上中、山科や大津、宇治でも相当な大雨になっている様子だ。彼方に見える豪雨はどうもそいつらしく、雷もバシバシ落ちている。車だとは言え下手に動くとあれに巻き込まれそうなので、雷雲からの風を浴びて夕涼みがてら、しばらく雲を眺めることになった。

その雷が、山科駅近くにも落ちたりしたらしく、結局琵琶湖線と湖西線が夜の八時くらいまで止まることになってしまった。幹線だから、大変な影響である。京津線は夕方位に復旧したが、乗客が相当殺到したらしい。先週の地震と同じような状況。
滋賀は土曜にも大荒れで、JEF2クラスの強い竜巻(関西では2例目らしい)が米原で発生するという驚くような出来事もあったのだが、昔なら単に夕立と呼んでいたはずのにわか雨が、段々極端に激しい降り方になって来ているのはやはり不気味な感じである。

町並み写真館「蛸島」2018年06月24日 20時07分05秒



まちなみ街道の町並み写真館に、石川県能登半島の「蛸島」を掲載しました。
以前に載せた「黒島」「大沢」と同じく、能登半島一周ドライブをやった時の取材先の一つで、実際に歩いた際はともかく観光化も何もされていない地味な印象が強かった町並みなのですが、今回の掲載候補を選ぶに当たって写真をチェックしていたら、その地味さに何とも味わいがあるように思えて、ここを載せることにしました。

能登半島の先端となると、ともかく最果てという印象が強くなりますが、本文中にも書いた通り、この蛸島には2005年までのと鉄道(国鉄能登線)の終着駅があり、めちゃくちゃに不便な場所というわけでもなかったのです。鉄道好きの人には知られていた地名でもありました。鉄道路線が無くなっていくというのは、やはり寂しいことです。

とりあえず平常運転ですが2018年06月19日 20時41分18秒



すでに全国でも報じられている通り、昨日の朝に大阪北部で震度6弱の地震が起きました。お亡くなりになられた方の、ご冥福をお祈りいたします。

うちの辺りは5強だったのですが、地震の発生時はちょうど通勤途中で、地下鉄の四条駅に乗っていた列車が停車していたところ。乗客が乗り込んできた途端にえらい揺れるなと思ってたら強い横揺れに変わったので、これは地震だと思ったら、緊急速報が遅れて一斉に鳴り響きました(近すぎて間に合わなかったんですね)。震源が大阪だというので、結構な震度になってるんじゃないかと思ったら、6弱だったわけです。
京都の地下鉄はのろのろ運転で駅に長時間停まったりしながらもそのまま運行してくれたので、助かりました。

家の中が少し心配でしたが、帰ってみたら特にデジカメが棚から落下してたりもせず、洗剤やらの容器が転がってる程度で被害はありませんでした。
震源とされる枚方・高槻・茨木の一帯は京都市と大阪市のちょうど中間で、京都市南部のうちから見れば隣の隣くらいの感覚。実際、京阪特急に乗れば枚方なんて20分かかりません。そういう至近で震度6弱というのはちょっとしたショックで、今までも災害は他人事じゃないと繰り返し言っていますが、ほんとに他人事じゃないわけです。

慶長伏見地震以来400年ぶりに動いた断層とか言う話も、その慶長伏見の起きた場所に住んでるこちらからみるとどうも薄気味悪く。昨日の夜は余震も何度もあった(震度4の奴が大きかった)ところなので、しばらくは警戒を続けなきゃなりません。明日にかけては大雨という情報もありますし。

ついに見つかる2018年06月16日 20時52分18秒



以前にも何度か書いた通り、ネットに動画が色々上がり始めて以来、子供の時に印象に残った(好きだった、とか怖かったとか)テレビのCMやらを色々ほとんど見つけてきたのだが、どうしても見つかっていなかったのが「明治チョコレート」と「文明堂ハニーカステラ」の二つ。

「明治」のほうは恐らく80年代、実際に見たのは数回程度。「文明堂」はもっと古くて70年代、何かと見かけるぬいぐるみが躍るやつではなく、森の中を子供と着ぐるみの動物が遊ぶという幻想的な風景を題材にしたもの。
どちらも度々思い立って検索してみるのだが、昨日もふと何かで思い出して検索してみたところ、「明治チョコレートデラックス」というタイトルで、どうもそれらしいサムネイルが。
こ、これはまさかと思って開いてみたら、まさしく30年ぶりに目にするCMが。十数年探して、ようやく見つかったのだった。やはり70年代終わり頃に作られたものらしいが、記憶していた以上に美しい映像で、あの時代にこれを見たらかなり斬新に思えただろう。

実はYoutubeには2016年にすでに上がっていたらしく、今まで見つからなかったのが不思議だったが、どうやら昨年の秋に他の方がブログで取り上げたために検索にかかるようになったらしい。そのブログを読んだところ、僕など比ではないくらいにこのCMに思い入れのあった方のようだ。
こんなの探してるのは自分だけだろうと思っていたものが、実はそうではなかったというのはネット上ではよくあることで、「文明堂」のほうも他に探している方がおられて、CM曲の再現というのまで上がっている。こちらも、いつかは見つかるだろうか。

ちなみに、大瀧師匠の「サイダー'83」CMの30秒フルバージョンも探しているファンが多いが、未だ見つかっていないようだ。昨年秋にラジオCM版のフルバージョンが上がったりしているし、探している人も多いから、いつか目にすることができるだろう。

神戸・元町を散歩2018年06月10日 11時42分23秒






梅雨に突入したわけですが、昨日は想定外というかフェイントというかの晴れ。出掛ける予定は無かったのですが、何だかもったいなくなって、用事の帰りの阪急烏丸駅から梅田行きに乗って、ふらっと神戸へ。まあ、毎年夏の初め頃には神戸に行ってる気がしますが、そのいつものパターン通りに三宮から旧居留地を歩いてメリケンパークへ向かい、しばらく海を見たり、震災遺構を見学したりしてのんびり過ごしました。

それから元町のほうへと向かい、南京町やアーケード商店街をぶらぶら。神戸風月堂本店を通りがかって、ああゴーフルうまそうだななどと思っていると(あの缶を見るだけで食べたくなりますな)、その近くに風月堂ミュージアム(入館無料)というのがあり、立ち寄ってみたらプチゴーフルがもらえて嬉しくなりました。戦災を生き延びたゴーフル缶(社宝だそうです)というのが展示してありましたが、戦前からあのデザインは変わっていないようです。

歩いている内に元町駅を行き過ぎて、花隈の辺りまで来てしまいましたが、ふと前方を見ると何か石垣のようなものが。花隈公園と表示されていましたが、城みたいやなと思いながら上まで上がってみると、やはり「花隈城趾」という石碑がありました。もちろん模擬石垣のわけですが、神戸のこんな町中に城跡があるとは知らず、石垣とポートタワーという風景も面白かったです。目の前がJRの高架なので、新快速なんかの写真を撮るにも良さそうな場所です。

最後、地下の元町駅から阪神に乗る時、「有楽名店街」という何だかすごい地下飲み屋街を見つけました。これはディープで素晴らしい。吉田類氏なんかが、喜んでやってきそうな雰囲気でした。サイト(がある!)を見たら日本一歴史がある地下街とあって、相当に値打ちのある場所には間違いなさそうです。何とか存続して欲しいですね。

埼玉に行くのなら2018年06月03日 19時56分50秒



「制県レベル(制県伝説)」というアプリがSNSのほうで昨日から少し流行っているようで、これは全国の各県を「住んだ」「泊まった」「歩いた」みたいな感じでランク付けしてカウントを出すというものなのだが、一昨年の山形で全ての県を訪問した僕も、一県だけ埼玉には泊まったことがない。
川越には二回行ってるし、鉄道博物館も行ったのだが、いずれも栃木へ行く途中だったり、日帰り出張のついでだったりで、結局泊まる機会がなかったのである。

せっかくだから、一度県内のどこかに泊まってコンプリートしようかとも思うのだが、ではどこへ行くかというと、なかなかわざわざ関西から行こうかという所がない。1箇所だけ、少し興味があるのが秩父なのだが、ここは埼玉と言っても相当な奥地のほうで、下手をすると東北よりもなお遠い。
いつかは行こうと思ってはいるが、北関東方面でも桐生とか真壁とかの重伝建地区がどうしても優先なので、なかなか順番は巡ってこないかも知れない。コンプリートだけなら、無理矢理どこかに泊まれば達成は簡単なのだけど。

ちなみに制県レベルのほうは、190を超えました。住んだことのある県が、5つ以上あるので。