夕涼み20202020年08月11日 20時56分09秒







三連休だったが、特に予定もなく、土・日は髪のトリミングと、いつものプール。
昨日も良い天気で(最高気温37度)、どこか涼し気な水辺にでも行きたいと思ったが、市内にそんなものはない。毎日プールばかりも飽きる。
滋賀に行けるなら、去年も行った琵琶湖のビーチという手もあるが、これもダメ。

しかし確実に涼しいだろう、と思える場所が一箇所あって、それは上賀茂神社の境内、御手洗川の岸辺。去年の多度大社も境内を水が流れていて、非常に涼しかったことを思い出しつつ、夕方から足を運んでみた。

最初はバスに乗ろうかと思ったが、賀茂川沿いも多少涼しいかもと思って、北山の駅から歩いて行った。
日陰で、風が吹くと確かに涼しかったが、歩いている間はあんまり日陰など無い。炎天下でボロボロにやられながら、ようやく神社に着いた。

幸い、御手洗川沿いはやはり涼しかった。場所によっては、家族連れが密集して海水浴場代わりになっていたが、少し離れれば誰もいない。
結構長い時間、ずっと涼んでいたと思う。

帰りこそバスに乗ろうと思ったが、バス停が移転したのかなんだか、どこにもない。
探して歩いているうちに、実は賀茂川べりがすっかり涼しくなっていることに気付いた。散歩中の犬を眺めたりしつつ、あちこちのベンチで夕涼みをして、ゆっくり歩いて北大路まで帰った。


ローカル線の旅@京都府内/2020年の103系2020年08月02日 21時24分45秒







梅雨も明けて、昨日は素晴らしい夏の青空が広がり、以前なら確実に遠出をしている場面。
しかし、京都府下では先日コロナの感染者数が「特別警戒」レベルを超えてしまい、府県間移動自粛が勧告されている。
じゃあ仕方がない、旅行のリハビリを兼ねてJR奈良線にでも乗ろうかと思った。一部では有名だが、名前は奈良線なのに京都府内で完結している路線。しかもうちのすぐ近くを通っている。
ご覧の通り、密のみの字もないから、府知事もOKと言ってくれるだろう。

というわけで、出かけるたびに微妙に曇りになる上狛の町並みへ、出かけて来た。さすがに撮影はバッチリだったが、これはまたまちなみ街道本体で掲載。
ここも、昨日の炎天下で道を歩いている人など全くいなかった。

奈良線も、駅などは古いままだが、車両はさすがに新型の205系(と言っても、元々は国鉄時代の設計)に置き換わり、段々風情がなくなってきたのだが…。
帰りの上狛駅で、まだ生き残っていた103系に遭遇。それも、103系同士の行き違いという、今や貴重な場面。
一眼を持った撮り鉄らしいおじさんが、上下列車両方103系という場面に驚いて大喜びして走り回っていて、僕もコンデジではあるが撮影してみた。

そこら中走っていて、面白くもなんともない車両の代表格だった103系が、たった数年でこんなに貴重になるとは(ついこの前まで、大阪環状線の主力だった)と思いつつ、最後になるかも知れない乗車を味わったのだった。

新・新風館2020年07月27日 21時40分55秒







好きだった、烏丸三条の「新風館」がなくなってしまい、しかしそのベースだった旧・京都中央電話局の建物はそのまま保存されて、ホテルなどが併設された「新・新風館」が誕生するということだったのですが、ここもコロナの関係でオープンが延び延びになっていました。

それが、ついに先日ようやくオープンしたということで、どこにも行かない連休ではありましたが、御池のほうに用事があったついでに、どんな感じがのぞいてきました。

ホテルが出来て、全体の規模ははるかに大きくなりましたが、商業施設ゾーンとしては、それほどの規模ではないさそう……いや、しかしいいですね。
おしゃれ度では、前のを上回る雰囲気で、旧館の雰囲気もちゃんと残してある。
前のほうが解放感はあったけど、新しいほうは緑も多く、これも大変いいと思います。京都にこういう場所ができるとは。

ちなみに、本来なら祇園祭後祭りの宵山だったはずの日でした。もっと多くの人でにぎわったのでしょうね。そこそこ人はいましたが、密というほどではありませんでした。

(旧・新風館外見。と言っても、今とほぼ変わりません)

(旧・新風館内部。今と違いすぎて、どこがどうなったのやら)

格別のことはなく2020年07月20日 21時22分43秒





久々の奈良ではサイクリングした以外、最近オープンしたコンベンションセンターと蔦屋書店に行って(本当はマリオットホテルも完成してるが、この状況でオープンできない)、ちょうど1年前に尾張一宮で食べたのを懐かしみながら、和食ファミレスでひつまぶしを食べて(本場とはかなり違うがこれもまずまず)、まあ格別なことはなにもありませんでした。

しかし、それでも相当な気晴らし(というか正気に少し戻った、くらいにまで思えた)になって、ものすごく印象に残った週末でした。とにかく、夏空になったのが何よりも嬉しかったです。
2020年の夏、として思い出すのはこの土日のことになるかも知れません。

わずかなチャンスに2020年07月19日 12時02分01秒





いよいよ関西も感染再拡大が本格化、今が府外に出る最後のチャンスと見て、今週末は奈良へ。まともに府外に出たのは、何と2月以来です。実質、年明けの沖縄旅行以来でしょう。

天気も悪そうなので、何もできずに滞在先の室内でのんびりするだけかなと思ったら、案に相違して梅雨明けかと思うような天気(明けてませんが)。これは本当にラッキーでした。
実は、途中でうっかり車のミラーを柱にぶつけて交換修理になってしまいましたが、それを差し引いてもなおラッキー。やはりコロナの影響で経営の厳しいホンダの売り上げになるし、まあヨシとします。

有名観光地へ行く感じではないので、ほぼ誰も知らない稗田の「埋め墓」(お墓なので写真は一応やめておきます)とその横の六地蔵までサイクリングに行き、ちょっと古い城下町で過ごして、それだけ。ご覧の通り、密の「み」の字もありません。

来週の連休後、どうなるのでしょうね。昨日になって、とうとう京都も感染数が前回の最高数を超えてしまいましたが。
可能なら、この夏は一度くらい京都市内のホテルに泊まるくらいのことはして、観光業界を支援したいとは思っています。あとはプールさえ閉鎖にならなければ……。

宵山のない7月2020年07月16日 21時55分32秒



本来なら、今日が祇園祭(前祭)の宵山。
結局コロナが終息どころか、東京の失策により再拡大していることを思えば、早めに中止を決めたのは正しかった。しかし京都人ではない僕でも、人生の半分以上を、祇園祭が終わっていよいよ夏という感覚で過ごしてきたので、非常に寂しいです。

今年は、夏などないのでしょうね。たとえ暑くなるとしても。

毎年のように2020年07月05日 21時05分31秒




この数年、梅雨の季節になると毎年のように大きな被害が出てしまうようになりました。熊本など、地震での被害にまた追い打ちです。

今年は感染症との複合が特に心配です。うかつに、域外から支援に行けば、ウイルスを持ち込みかねないでしょう。何もかもが落ち着いたら、また九州旅行にも行きたいと思いますが。

残念ながら、現実から目を背けて1次感染を終息させることのないまま、再拡大が始まろうとしています。愚か。

部分日食2020年06月21日 20時19分46秒



今日は非常に珍しいという、夏至の日の部分日食だったのだが、うっかりデジカメを持たずに出かけてしまい、スマホしかない状態で欠け方がピークになる時間になってしまった。
ちょうど空が広い京都駅前で、うっすらかかった雲の向こうに太陽の姿は見えていたので、目を細めれば三日月形の太陽はちゃんと見ることができた。
しかし、いかにカメラ機能が強力でマニュアルでの調整も効くXPERIA5と言えども、SS最高1/4000で光学2倍程度ではやはりまともに撮るのは無理だった。

まあしかし、なんとなく左下がいびつになっているのが分かるような気もする。見るには見られたから、これで良しとします。RX100M6持ってれば、もうちょっと何とかなったんじゃないかとは思いますが。

失われないもの2020年06月15日 19時00分20秒



歳を取るにつれて、気持ちの上で生きる支えになるような手札を色々失くしてきたところではあるが、まだ小説や旅行(=町並み)、プール、スナネコベビー(まあ、かわいい動物全般ですね)と言ったカードを持っていて、この辺りはそうそう失われることのない最終的なものだろうと思っていた。

しかし今回の自粛で、旅行とプールを封じられてしまうという予想していなかったことが起きた。正直、これはなかなか辛かった。
いつものプールはようやく一部が営業再開されて、リハビリがてらまた通って陽を浴びたりしているが、旅行についてはまだそんなムードでもない。空港もガラガラだそうだ。

「次の旅行はいつ、どこに」というのを楽しみに毎日を過ごせる状況、そろそろ戻るだろうと期待したいところだけど、こうなると何だかまだ旅行のことを考える気持ちにさえならないんだよなあ……。まずは近場から、とは思ってはいるけれど。

町並み写真館「用瀬」2020年05月31日 21時36分24秒





まちなみ街道の町並み写真館に、鳥取県の「用瀬」の町並みを掲載しました。
昨年のGWに取材にでかけた場所で、みなさんもうお忘れかも知れないですが、去年は10連休というのがあったのでした。

混むのが嫌なので大型連休には遠出しない、という原則を崩してわざわざ出かけたのでしたが、京都駅を朝5時台に出る快速にわざわざ乗って、姫路からスーパーはくと(自由席)に乗り継いで朝9時台には智頭でというコースで、結局ずっとゆっくり座って行けたのでした。

智頭も用瀬も素晴らしい町で、天気も良く、好きな智頭急行に乗って好きな山陰に出かけられた、という本当に楽しい取材行でしたが……。
今となっては、何だか信じられないような、あれがわずか1年前のこととは。
また出かけられる日も来る、とは思っていますが。