南山城ラストドライブ2017年07月17日 08時10分46秒






三連休二日目の昨日、祇園祭でにぎわう京都市内を脱出して南山城方面のうらみちスポットにでも行こうということで、いつものメンバー四人でドライブがてら出かけてきました。9年間続いたFit2でのうらみち探索もこれが最後。

まずは大人気になっている南山城の道の駅に立ち寄って早めのランチを取り、そこから南下して高山ダムを経由して田山という集落へ。ここで諏訪神社という切り立った石垣の上にある神社を取材、続いて旧田山小学校の校舎内にある「ねこぱん」というカフェで南山城紅茶のチャイというのを飲み、続いて北上して宇治田原へ向かいました。

ところが、この南山城・宇治田原間が大変で、いつも通る道(これも府道とは名ばかりの悪路ですが)ではなく、なぜかナビが府道283号という悪路(ウィキペディア見ると酷道として名高い425号が引き合いに出されている)を指示していることに気づかないまま突っ込んでしまいました。、ガードレールなどもちろんなく、大雨でも降った後なのか、葉っぱやら枝やらが延々散らばっているせいで路面の状況も良くわからず、酷道系にはある程度慣れている僕でも行き違いに四苦八苦することになってしまいました。
まあ、このメンバーで出掛けるとなぜか必ず酷道に突っ込む羽目になっている(普通は南山城から宇治田原へ突っ切るコースでの観光なんかしない)ので、ある意味ラストドライブの記念になったとも言えますが、あれは参った。

苦労の末にたどり着いた正壽院で風鈴祭というのを見て(これは綺麗でした)、新田辺で晩飯のパスタを喰った後、一局だけ麻雀打って解散。まあ、いかにもないつもの夏の休日となりました。
次はニューカーになるので、しばらくは山道禁止モードで行くつもりです(誰も聞く耳を持たなかったのが困りもの)。

去りゆくFit2・失われた須知宿2017年07月09日 14時47分21秒




いよいよお別れが近付いた二代目FitRSに乗って、昨日は一人で丹波方面を少しドライブしてきました。一応車検を通して(ただし車検代は値引きに上乗せ)メンテナンスを受けたばかりのボディーはまだまだ輝きを失っておらず、丸9年間屋根無しのガレージに置いていたのにこのコンディションというのはなかなか素晴らしいと思います。
後継の後期型Fit3は安全装備などが別次元に改善した(このFit2には横滑り防止装置さえついてない)分価格は上がっていて、グレードをRSから1.3Gに下げざるを得ませんでした(それでも当時のRSよりもずっと高い!)。DAインテグラ以来のDOHC VTECにはなるものの馬力は下がることになるので、昨日は120馬力での山道の走りを楽しんできました。

行き先をどこにしようかと考えましたが、まだ取り壊し後の現状をちゃんと見ていない須知宿と、色々思い出深い道の駅和(なごみ)にしました。道の駅和は、この車が納車された夏にも立ち寄って、写真を撮った覚えがあります。
須知宿は、町並みが最も連続していた場所を直撃で京都縦貫道が通ることになり、町並みが取り壊されると言うことがかなり昔から分かっていた(リンク先は「京都うらみちあんない」)場所。キャンプの帰りなどに訪れる度に「これが見納めかも」などと言っていたのですが、前回何かで通り過ぎた際に、取り壊されているのは確認していました。

(2007年当時)

(2017年現状)


(2007年当時)

(2017年現状)

頭上を走り去る車の音が、諸行無常の響きでした。

さよなら、Fit22017年05月28日 20時32分24秒



もう本当に早いもので、前回の車検から2年。二代目のFitRSも、乗り始めてから9年が経過してしまった。その間にFit3が登場したわけだが、そこからでももう4年。ずっと買い替えは検討していたものの、グラスルーフも装備している二代目が非常に気に入っていたため、買い替える必要性を感じなかった。

ところが次の車検を目前に、Fit3の大規模マイナーチェンジが行われることになった。スタイリングや燃費、静粛性など色々手が入っているのだが、目玉は安全運転支援機能であるホンダセンシングの搭載。それも、自動ブレーキや前車に追従して速度コントロールするACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に加えて、車線を認識してハンドルをアシストするLKASというのまでついているという、上級車とほとんど同じフルスペックのもの。
1.3リッターのベーシックカーにまでこれをオプション設定してくるというのはなかなかで、ディーラーで話を聞いたところホンダもかなり本気で勝負に出てきたとのことだった。

ネットでのレポートを見ると、かなり長距離ドライブの負担が軽減されるようだし、これから注意力も段々落ちてくる年齢になってきているということもあって、機は熟したと見てついに乗り換えを決断した。前の時に比べると先行きは厳しい感じだが、今ならまだ新車を買うローンを組む余力もある。
ただし、前回のような1.5リッターエンジンのRSはもはや高くて手が届かないので、ベースの1.3モデルに落とすことになった。まあ、1.3でもホンダエンジンは良く走ることに定評があるし(初代のFitもSモードにすれば良く走った)、Sパッケージを選んでパドルシフトだけはキープしたのでそんなに悲しい思いをせずに済むだろう。燃費はも著しく改善するはずで、期待できそうだ。

ドラレコ装着2015年06月28日 20時02分20秒




買い換えを見送った二代目FitRSに、近頃流行のドライブレコーダーを取り付けてみた。
ちょうど今年の冬に、ひやっとするような出来事があって、やっぱりこういうものがあったほうがいいなと思ったからなのだった。
偶然にも、「ドライブレコーダー 取り付け」で検索して最初に出てきたサイトで、うちと全く同じFitRSでの装着例が紹介されていて、それを参考に作業をしたら配線類がほとんど表に出ない形で装着を行うことが出来た(電源は普通にシガーソケットから取ったけど)。
しかし、陽の当たるところで見ると、この車まだまだピカピカである。

来週は、一年ぶりに某メンバーでの東北旅行。宮城二泊で、蔵王辺りまでは行くのだが、残念ながら今回は県境を超えない予定なので某作品の峰館にも山寺にも立ち寄れず。
今回更新分は素晴らしい出来で、2ptをぶちかますのが確定しているものの、一人であんまり連打すると他の人が入って来づらくなりそうなので、ちょっと様子見。

三回目2015年06月21日 21時05分53秒



愛車の2代目FitRSを、車検に出した。今回が三回目なのだが、同じ車を三回車検に出したのは今度が初めて。しかしまあ、まだまだ全然状態も良くて、走行距離もあまり伸びていないので、これは当然と言えば当然。普通は費用も段々上がってきそうなものだが、前回に替えた部品がまだそのまま使えるとのことで、今回は逆に費用が下がったほどだった。コーティングのメンテナンスも受けたので、車体もぴかぴかに。

ついでにモデルチェンジしたばかりの新型シャトルを見てきたが、なかなか高級感もあって、これなら欲しいなと思った。代車はFit3だったが、こちらもなかなか良い。ハイブリッド独特のダイレクト感の不足が気にはなったが、いずれダウンサイジングターボ版も出るようだ。

やはり新しい車も欲しいなと思うのだが、今の車が相当に気に入っているので、一向に決断がつかない。次回の車検は9年目になるわけだが、もしかしたらまたもう一回通すかもしれないなと思った。経済情勢を考えると、今のうちに新車にしておいたほうが安全かなとも思いつつ。

ぜいたく品2014年10月05日 13時53分08秒



来週はいよいよ、能登方面へ久々の長距離ドライブの予定。今年は夏のドライブが微妙な奈良キャンプだけだったので、楽しみだ。この前も書いた通り、タイヤも新品になって安心して走れる。台風が少し気にはなるが。

交通至便な町なかに住んでいて、車を持つというのは贅沢だとは思うのだが、やっぱりこういう時は自分の車で出掛けるのが嬉しいし、みんなで出掛ければ安上がりにもなる。他には特に贅沢はしていないと思うから、家計が持つ範囲で何とかマイカーを維持できればいいなと思う。

買ってから十数年目の高級外車に乗り続けている某知人は、年間平均約100万円の維持費がかかっているそうで、本人も「アホやけど、この車が好きだから仕方ない」と自覚しているようだが、それに比べれば国産コンパクトカーの維持費などかわいいもの、と思うことにしよう。

まだ乗ります2014年09月29日 20時46分05秒



納車から6年が経過した二代目フィットRS、この前の土曜日にようやくタイヤを交換してきた。来月はドライブ旅行があるが、これでひと安心。

来年には三回目の車検があるわけだが、今までの車はどれも三回目車検の前くらいのタイミングで買い換えてきた。しかし今回は、車検を通すつもりでいる。そこそこ高かったんだし、まだまだ乗れるんだからもったいないというのも理由だが、とにかくこの車が非常に気に入っているのである。
先代の、初代フィットもかなり気に入っていたのだが、7年乗るとさすがに少し飽きが来たような気もしていた。しかし今度のRSは、いまだに全く飽きていない。グラスルーフを開いて走り出すと、今でもわくわく感があるほどなのだ。一応はVTECエンジンを積むハイパワーモデル(と言ってもたった120馬力だが)で、パドルシフトもついてたりと、走らせるの自体が結構楽しいということもあるのだろう(昔と違って全く飛ばさないけどね)。

FIT3もいいとは思うが、ともかくこの車にはまだしばらく活躍してもらうつもりでいる。
次に買い換える時は、どんな車になるだろうか。

三代目発表2013年07月27日 10時06分03秒



初代、二代目と連続して買い続けているホンダのフィットだが、いよいよ三代目の登場が近づいてきたようだ。
先日発表されたそのスタイリングは、最初は一瞬「なんじゃこりゃ」と思うような個性的な路線だったわけだが、何度か見ているうちになかなかいいじゃないかと思えてきた。
ハイブリッドの燃費を含めて、性能的には素晴らしい物がある。

初代のフィットは車としては非常に気に入っていたが、スタイリングについては少し中途半端に感じていた。その点、今乗っている二代目のRSはスタイリングも含めて全面的に気に入っている。ガラスコーティングが効いたのか、まだまだ状態もいい。
車検も通したばかりだから、最低あと二年はこのままで行くが、次もまたフィットという可能性も充分高いだろうと思う。まあ、軽のN-ONEにダウンサイジングという可能性もあるわけだが。こちらも非常に出来がいいし。

車もダウンサイジング2012年12月05日 20時19分10秒


軽自動車を「卒業」して久しいのだが(初代ワゴンRターボ→初代フィット→二代目フィットRS)、この先収入ダウンが確実な斜陽産業勤めで、普通車を維持し続けるのが難しくなるかも知れない。
そんな中、ホンダから「N-ONE」という新しい軽自動車が登場した。こいつがなかなか良さげで、一見してNコロ(N360)をモチーフにしたと分かるデザインといい、興味を惹かれている。

室内も十分広いし、ワゴンR(いい車だった)のことを思えば荷物も十分乗るだろう。ターボ仕様でもヨーロッパ車で最近流行の「ダウンサイジング過給」だから燃費はいいし、よく走るだろう。
「軽規格の優遇のある『フィット』」というのがコンセプトのようで、それならばフィットからの乗り換えには最適じゃないか。

まあ、今の車は非常に気に入っているからまだ数年は乗るつもりだが、いずれどこかのタイミングでダウンサイジングを検討することになるなら、有力な選択肢ができたと言える。もっとも、「軽優遇」自体が廃止されてしまうようなら、話は変わるのだが。

空想だけです2012年05月14日 19時57分51秒


購入から早くも四年が経ってしまったという感のある愛車、FitRSだが、ホンダの1.5リッターVTECエンジンは伊達ではなく良く走るし、スペースはものすごく広いし、デザインも気に入っているし、と未だに何の不満もなく、来年の二回目の車検も当然通して、最低七年は乗るつもりだ。

しかしそれはそれとして、時々どうしてもヨーロッパ車に乗りたいなと思ってしまう。前はプジョーがいいなと思っていたのだが、最近はアルファロメオが格好良いなと思うし、実用性にかなり目をつぶるなら、チンクエチェントが実に楽しそうだ。
現実的なところを考えると、VWポロのGTIかなあ…などと、雑誌を見ながら色々考えるのは楽しいが、実際にはそんな無駄遣いをする余裕はないわけで、あくまで空想です。

ポロいいよなあ…。