逃げきれず、されど2018年01月26日 20時35分58秒







というわけで、昨日から沖縄本島に来ています。
昨日は気温も18度まで上がり、陽も時々射していたのですが、ホテルへ向かう途中にカーラジオの天気予報から「明日は寒気の影響で」と嫌な言葉が。こんなに遥か南に来ても、最強寒波とやらからは、やはり逃げ切れなかったのでした。

で、今日の本部半島は朝から荒れ模様の天気。強風が吹き荒れ、時々小雨が混じるという状況で、気温はどうにか15度くらいまでは上がった(というか最低気温から上がらず)ものの、観光向けとは到底言えない状況。

しかしまあ、こんなこともあろうかと、今日は比較的悪天候向けの日程。まずはあの美ら海水族館へ。外がどんなに荒れようとも、この中は海の底の静かな楽園です。こんな時期でこんな天気にも関わらず、主に外国人観光客がたくさん来ていたのはすごかったですが(ハイシーズンは阿鼻叫喚でしょう)、時間もあるので(外に出たくないし)水槽横のカフェでお茶飲んだりのんびり過ごしました。

次に向かったのが、すぐ近くの備瀬集落。ここは「フクギ並木」で有名な場所ですが、実際に行ってみると並木道なんてものではなくて集落全体がフクギのダンジョン状態。歩けど歩けどフクギのトンネルが終わらないというすごい場所で、赤瓦の民家がその間に点在している様子は離島の集落に近い雰囲気でした。防風林なので強風も問題なく、風など全く感じられない静かな小路をこちらものんびり歩いて過ごしました。

悪条件の中としては、一応はベストを尽くした日程になったと満足できる一日でしたが、さあ明日はどうなるか。

町並み写真館「銀山温泉」2017年12月29日 15時25分03秒



まちなみ街道の町並み写真館、今年最後の更新は山形県の銀山温泉です。
去年9月の山形旅行において目玉となる目的地だったわけですが、想像を上回る迫力のある町並みにすっかり感心してしまったという場所で、やはり写真では伝わりきらないものがあるだろうと思います。
川べりでユーミンの「遠雷」を聴きながらラ・フランスのアイスを食べていた記憶が強く残ってしまい、今でも「遠雷」を聴くとこの風景が目に浮かんできます。また機会があれば訪れてみたいです。

今年のまちなみ街道は、8月の更新が飛んでしまったので完全に毎月更新とは行きませんでしたが、写真更新した吹屋を入れると一応12回の更新を行うことができました。
1月の鹿児島や6月の熊本など、取材のほうも結構できたので、来年もこのまま更新ペースは落とさずに行けそうです。

町並み写真館「高屋宿」2017年11月26日 19時28分39秒



まちなみ街道の町並み写真館に岡山の「高屋宿」を新規掲載しました。
この取材時は前日に真鍋島を訪れて、笠岡辺りに泊まるつもりが全く宿が取れず、やむなくバスで井原に出てそこで泊まったのですが、このホテルが恐ろしく寂しい雰囲気。井原の町もほとんど人通りがなく、「中央」という交差点にあるはずのショッピングセンターはどうも廃墟のようで食事ができるところも見つからず、ようやくたどり着いたすき家で空腹のあまりサラダも豚汁もフルセットでつけた、というのが思い出です。

この高屋宿の次は倉敷まで出て、水島臨海鉄道で連島方面に行ったのですが、駅からどう行ったらいいのか場所が良くわからず、歩きながら検索してみるとかなり遠いことが分かり、たまたまバス路線を見つけてどうにかたどり着いたという、ともかく行き当たりばったりの取材行でした。

(「井原中央」交差点。この「ショッピングセンター」跡は現存しないようです)

町並み写真館「古市場」2017年10月29日 22時05分10秒



まちなみ街道の町並み写真館に、奈良県宇陀市の「古市場」を新規掲載しました。
宇太水分神社と合わせて何回も訪れている町並み(複数の水分神社のはしごというのもやったことがある)ですが、何せ奈良は歴史的町並みだらけなので、ようやく掲載の順番が回ってきた感じです。

このところ、日曜日ごとに台風が来たりして、もう三週くらい連続で雨の週末となってしまって、体調のコンディションが最悪。昨日は風邪だかなんだか分からないままダウンして寝込んでたような状態でしたが、今日はどうにかこうして復活して、サイトの更新もできたので良かったです。夏が終わってからは急激に寒くなったり、こうして雨ばかりだったり、今年の天候は大変つらい。今月初めの飛騨旅行が二日とも快晴だったのが救いです。

鞆、重伝建へ2017年10月21日 23時56分49秒




長らく色々あった、広島県福山市の鞆の町並みが、いよいよ重伝建になるようだ。文化審議会での答申だから、決定したと考えてよいだろう。
架橋が白紙になったのは、地元の方々にもそれぞれ思うところがあるはずなので、部外者としては何とも申し上げられないのだけど、あの素晴らしい町並みが残ることは素直に喜びたいと思う。

今回は、同時に大分県杵築の町並みも重伝建になることが決まった。こちらは、以前から行こうと思っていた候補の一つで、楽しみが増えた気がする。選定されてもされなくても価値自体が変わるわけではないけど、やっぱりコレクション的な気持ちもあるので。

種蔵集落の秋2017年10月07日 09時24分30秒








先週の土日、割と急きょ話がまとまって、いつものメンバーで岐阜県の北端近くにある種蔵集落へ行ってきました。
まことに美しい山里で、大型の民家と「板倉」という小さな倉が集まる様子は重伝建かと思ってしまうような風景ですが、昭和になってからできた集落ということで、比較的歴史は浅いようです。それでも、建物のほとんどが戦前のものということで、価値は十分にあると言って良いでしょう。ともかく、素晴らしい風景です。

集落内にある旅館も古民家を利用したものということで、大変居心地良く過ごすことができました。周囲に熊やイノシシが出るということで、夜は外に出かけることもできなかったので、ともかくゆっくりと過ごしました。近くを走る高山本線の時刻を確認して列車の音を聴いたり、窓から長時間露光で風景を撮ったり、することが無いようでも案外遊ぶことはあるのでした。山野草の天ぷらや岩魚など、食事にも満足でした。

街並み写真館「稲荷山宿」2017年09月23日 20時05分48秒



まちなみ街道
の町並み写真館に、長野の「稲荷山宿」を掲載しました。先週は写真更新だったのですが、今度は全くの新規です。

実は訪れたのは結構前のことだったりする(松代などとセットでの旅行だった)のですが、その後2014年に重伝建に選定されたりしたおかげで、現状も当時とあまり変化はないようなので、掲載することにしました。
なぜ掲載を引っ張ったかというと、これで甲信越方面のストックがほとんどなくなってしまうからで、そろそろ長野か新潟あたりにも出かけんといかんなと思います。

町並み写真館・写真更新「吹屋」2017年09月17日 15時27分06秒



例年、予定の入っていることも多い九月の三連休だが、今年は夏の旅行もかなり前倒し気味だったりした(6月の熊本からスタート)ので、特段の予定なし。結局台風で悪天候の連休となったが、おかげで影響も受けずに済みそうだ。
昨日から雨は続いているが、今のところ京都市内は静まり返っていて、台風の気配はまだ感じられないようだ。時間に余裕ができたので今日は夏場の写真を整理しつつ、長年の課題だったまちなみ街道の「吹屋」の写真を更新。前バージョンの掲載が2003年で、その後にも一度訪れているのだがこの時は雨であまり写真の撮り直しもできず、今回ようやく更新できた。

夕方から少し四条方面に出る予定なのだが、どうなるかな。まだ大丈夫なようだが、危険な状態になるようなら、早めに撤収しないといけないな。

町並み写真館「知覧」2017年07月23日 20時44分58秒



まちなみ街道の町並み写真館に「知覧」を新規掲載しました。
今年1月の鹿児島旅行時に取材してきた場所ですが、ここはサイト開設時の1999年にはすでに掲載予定としていて、しかし写真があまりにひどかったため暫定掲載のような形のままになっていたのですが、ようやくの正式掲載となりました。

寒さから逃れるため、ということで九州最南端を行き先に決めたという旅行だった(前年行った冬の沖縄で味を占めた)のですが、その甲斐あってこの知覧を歩いている時は1月終わりとは思えない暖かさに心底ほっとしたことを覚えています。結局、二泊三日の間にどんどん気温が上がり、あれは嬉しかった。
先月の熊本旅行と合わせて九州方面のストックが一気に増えたので、今年はもう一か所くらい掲載しようと思っています。しかし今度は四国と山陰がまたストック不足なんだよなあ……。

去りゆくFit2・失われた須知宿2017年07月09日 14時47分21秒




いよいよお別れが近付いた二代目FitRSに乗って、昨日は一人で丹波方面を少しドライブしてきました。一応車検を通して(ただし車検代は値引きに上乗せ)メンテナンスを受けたばかりのボディーはまだまだ輝きを失っておらず、丸9年間屋根無しのガレージに置いていたのにこのコンディションというのはなかなか素晴らしいと思います。
後継の後期型Fit3は安全装備などが別次元に改善した(このFit2には横滑り防止装置さえついてない)分価格は上がっていて、グレードをRSから1.3Gに下げざるを得ませんでした(それでも当時のRSよりもずっと高い!)。DAインテグラ以来のDOHC VTECにはなるものの馬力は下がることになるので、昨日は120馬力での山道の走りを楽しんできました。

行き先をどこにしようかと考えましたが、まだ取り壊し後の現状をちゃんと見ていない須知宿と、色々思い出深い道の駅和(なごみ)にしました。道の駅和は、この車が納車された夏にも立ち寄って、写真を撮った覚えがあります。
須知宿は、町並みが最も連続していた場所を直撃で京都縦貫道が通ることになり、町並みが取り壊されると言うことがかなり昔から分かっていた(リンク先は「京都うらみちあんない」)場所。キャンプの帰りなどに訪れる度に「これが見納めかも」などと言っていたのですが、前回何かで通り過ぎた際に、取り壊されているのは確認していました。

(2007年当時)

(2017年現状)


(2007年当時)

(2017年現状)

頭上を走り去る車の音が、諸行無常の響きでした。