去りゆくFit2・失われた須知宿2017年07月09日 14時47分21秒




いよいよお別れが近付いた二代目FitRSに乗って、昨日は一人で丹波方面を少しドライブしてきました。一応車検を通して(ただし車検代は値引きに上乗せ)メンテナンスを受けたばかりのボディーはまだまだ輝きを失っておらず、丸9年間屋根無しのガレージに置いていたのにこのコンディションというのはなかなか素晴らしいと思います。
後継の後期型Fit3は安全装備などが別次元に改善した(このFit2には横滑り防止装置さえついてない)分価格は上がっていて、グレードをRSから1.3Gに下げざるを得ませんでした(それでも当時のRSよりもずっと高い!)。DAインテグラ以来のDOHC VTECにはなるものの馬力は下がることになるので、昨日は120馬力での山道の走りを楽しんできました。

行き先をどこにしようかと考えましたが、まだ取り壊し後の現状をちゃんと見ていない須知宿と、色々思い出深い道の駅和(なごみ)にしました。道の駅和は、この車が納車された夏にも立ち寄って、写真を撮った覚えがあります。
須知宿は、町並みが最も連続していた場所を直撃で京都縦貫道が通ることになり、町並みが取り壊されると言うことがかなり昔から分かっていた(リンク先は「京都うらみちあんない」)場所。キャンプの帰りなどに訪れる度に「これが見納めかも」などと言っていたのですが、前回何かで通り過ぎた際に、取り壊されているのは確認していました。

(2007年当時)

(2017年現状)


(2007年当時)

(2017年現状)

頭上を走り去る車の音が、諸行無常の響きでした。

町並み写真館「三河大野」2017年06月25日 19時47分20秒




まちなみ街道の町並み写真館に、「三河大野」の町並みを新規掲載しました。
そちらにも書きましたが、やはりここは鳳来館が素晴らしく、中の喫茶室で紅茶を優雅に飲んだことが強く印象に残っています(昼食は駅近くのディープそうなラーメン屋)。
正直なところ、ここが残っていたかどうかで町の印象が全く違うだろうというくらいの存在感がありました。

飯田線の三河大野駅も良かったですが、近くにあのような立派な町並みがあるとはちょっと想像しがたい、いかにも山あいの小駅らしい雰囲気でした。


熊本の夜2017年06月03日 22時51分58秒




今年二回目の九州旅行で、一泊二日でいつものメンバー四人で熊本に来ています。
まちなみ街道的には完全に空白エリアだった熊本県ですが(ここもやはり重伝建地区がない)、これで何か所か取材を行うことが出来ます。今日は山鹿の町並みを訪れましたが、明日は松合などに立ち寄る予定です。

今日の夜は、八代の南にある日奈久温泉の「金波楼」という有形文化財の旅館に泊まりますが、ここがまた素晴らしい。明治43年築だそうですが、これだけ立派な造りの古い旅館と言うのはなかなか貴重じゃないかと思います。

町並み写真館・写真更新「御所」2017年05月20日 21時38分00秒




まちなみ街道の町並み写真館「御所」(奈良県御所市)を、更新掲載しました。
つい二週間前、GWの連休に再訪したばかりですが、せっかく写真をたくさん撮ってきたのでさっそくアップデートすることにしました。

しかし、写真の更新掲載というのを行うのは一昨年11月の勝山以来。他に、写真の撮り直しをしたところって無かったっけと考えてみても、あんまり思い出せません。古い写真のままになっているところは、もうかなり遠方でそうそう行けないような所か、撮り直しをしたけど微妙な出来(中には残念ながら破壊が進んでしまったケースも)という所しか残っていない感じです。
金沢など、重伝建になった卯辰山麓と寺町台を入れて3ページくらいに再編成したいところなのですが、肝心の寺町台のまともな写真がなかったりします。そろそろ北陸新幹線騒ぎも落ち着いていそうだから、一度また行かないとなあ。

町並み写真館「彦根」2017年04月29日 21時07分38秒



まちなみ街道の町並み写真館に、「彦根」を掲載しました。
それこそ何度も訪れている町ですが、今回は昨年の秋にNikon1J5のテストを兼ねて撮影して歩いたときに撮影した写真を使用しています。

滋賀県最後の大物町並み、というか今まで掲載していなかったのが不思議なくらいなのですが、彦根の町並みについてはなかなか全貌がつかめない感じで、今までは撮影の結果に納得が行かなかったために保留となっていました。
昨年、芹町辺りが重伝建になったのがきっかけで、ようやく全体像が把握できるようになった感じです。それでも、芹川南側の仏壇街辺りがまだ取材できてなかったりはするのですが……。その辺りはまたいずれ。

町並み写真館「波浮港」2017年03月26日 20時22分10秒



(旧港屋旅館)

まちなみ街道の町並み写真館に伊豆大島の「波浮港」を掲載しました。ここにも何度か書いた通り、去年の7月に出掛けた場所です。
町並みとしてはそう大規模なものではないにせよ、やはり様々な文学作品などに登場する所だけに、歴史の重なりというものを感じることができました。天候に恵まれたのも大きかったですが。

ちなみに、関東の町並みを掲載するのは二年以上ぶり(ストックがないため)。東京都内(一応)の町並みとしては、「小さな町並み」に掲載した御岳山を除けばこれが初登場となります。

嵯峨・嵐山うらみち散歩2017年03月20日 15時51分43秒


(嵯峨鳥居本)

(嵯峨釈迦堂の桜)

(清涼寺・竹仙)

(琴ケ瀬茶屋)

三連休中日の昨日、嵯峨・嵐山方面に散策に出かけてきました。
観光客が殺到する連休にこの方面に出かけるというのは、普通なら正気の沙汰ではありません。いつもならまず近づかないエリアだったりするのですが、嵯峨と言っても鳥居本方面、嵐山もコアなエリアは避けるし渡月橋は絶対に渡らないから大丈夫だとうらみち管理人が断言するので、それならまあ行ってみるかということになったのでした。

京都駅から嵯峨野線(山陰本線)の快速に乗り込んだ時点ですでに満員、嵯峨嵐山の駅では改札を出るのにも行列待ちという悲惨な状態でしたが、駅を出るなり人の流れに逆らって我々三人だけはいきなり北上。すると、途端に人の数は激減しました。
まずは清涼寺(嵯峨釈迦堂)へと向かいましたが、そこそこ有名な寺院だと思うのに、ここはがらがら。多宝塔をバックに、早くも桜が咲いていたりしましたが、数人の観光客がのんびり写真を撮っているだけでした。この釈迦堂境内にある茶店で昼食の湯豆腐を予約し、次は嵯峨鳥居本へ。

京都で一番好きな町並みである鳥居本、久々の訪問でしたが、写真の通りの閑散ぶり。あんなにたくさんいた観光客はどこへ行ったのでしょうか、という目を疑うような状況で、貸し切り状態の町並み保存館で愛宕山鉄道の展示をゆっくり眺めたりしながら悠々と散策しました。
それから再び清涼寺に戻り、境内の「竹仙」でこの日のメインである昼食。湯豆腐懐石なので若干高めでしたが、「森嘉」の嵯峨豆腐の味はさすがに文句なしでした。

そこから、いよいよ嵐山へ。と言っても渡月橋エリアへの接近はひたすら避け、どこを歩いてるのか良くわからない道をうらみち管理人の指示に従って進み、有名スポットに一切近づかないままで亀山公園へ。そこから桂川へ出て、今度は手漕ぎのボートに乗り換え。このボートは対岸の「琴ケ瀬茶屋」へ渡るための専用のもので、おっさん三人が乗り込むとかなり不安定で大変でしたが、「もっとそっちへ重心をかけんかい」などと大騒ぎしながらもどうにか転覆することもなく対岸へ到着。
ミニ座敷へ上がり、おでんを食べながら桂川を眺めて、これで一日の日程が終了となりました。
うらみち管理人が豪語した通り、人混みに巻き込まれることはほぼ皆無で、まさに「京都うらみちあんない」なのでした。


町並み写真館「加賀東谷」2017年02月26日 19時57分07秒




まちなみ街道の町並み写真館に「加賀東谷」を新規掲載しました。
以前にも書きましたが、非常に雰囲気の良い集落です。特に大土集落は今まで訪れた山村集落系の中では一番好きな場所かも知れません。
地図で見ると相当な山の中のようですが、実際に行ってみると案外そうでもなく、山中温泉からならちょっと奥に行った程度。大変だと聞いていた途中の道も、全く普通に走れるレベルでした(ただし、当方感覚が若干おかしくなっている可能性有り)。
しかし、あの蕎麦屋さんの蕎麦、食べてみたかった。

自由行動の楽しみ(鹿児島・その1)2017年01月29日 19時41分53秒


(山形屋デパートと市電)

いくつもの立ち寄り先が決まっている旅行では、それらをどのように訪れるかということに、旅の日程は大きく左右されることになる。今回の場合は知覧麓が県の南方、出水麓が県のほぼ北端ということで、中間の鹿児島市に泊まったのだが、やはり移動にかなり時間を取られることになった。

しかし幸い天候も良かったので、最初の二日間で三箇所の重伝建取材は完了。三日目は、完全にフリーということになった。一人旅で自由行動というのも変だが、そういう気分で、これが楽しい。
鹿児島市内を中心に観光しようかと思ったのだが、重伝建になっていない麓も一か所くらい行っておきたいと思って、ガイドブックで一行だけ触れられていた蒲生麓へ。ここは市内からもそんなに遠くない。調べてみると、日本最大の樹木(クスノキ)もあるという。


(蒲生麓)


(蒲生のクス)

実際行ってみると、思っていたよりは大きな町で、観光案内所などもちゃんとあった。しかし、麓集落の風景自体は観光色のあまりない素朴なもので、朝の爽やかな空気が似合う、非常に好感が持てるものだった。伝建以外も見ておこうというのは正解のようだった。件のクスは、根回りが33メートルもあるというなるほど巨大なもので、樹というよりは巨石のような趣があり、感心した。

で、ここからは鹿児島市内へ戻るつもりだったが、観光案内所でもらったパンフレットには、明治時代に作られたアーチ型の石橋やら、全国でもほとんど例がないという日露戦争当時の石造りによる凱旋門やら面白そうなものが載っている。どちらも近そうなので、行ってみることにした。
(続く)

町並み写真館「城崎温泉」2017年01月22日 20時58分14秒



まちなみ街道の町並み写真館に、「城崎温泉」の町並みを掲載しました。
毎日こうも寒いと、また温泉に行きたくなるなあと思いながら更新作業をしてましたが、この写真は数年前の夏に訪問した時のもので、実はかなりな炎天下を歩き回って撮影したのでした。
汗だくになったところで七湯の一つである地蔵湯に入ったのでしたが、暑い日の真昼にさらに熱い温泉に入るのは勇気が要ったのを覚えています。しかし、それでもやっぱり温泉は最高なのでした。