津山のクリスマス2017年12月22日 22時08分33秒













津山は、岡山県第三の都市。平成の合併を経てもなお人口は10万人程度、元々は人口7万くらいの町ですが、岡山県北部における交通の要衝ということで歴史的に商業拠点としての機能が大きく、存在感のある町です。中国山地には新見、庄原や三次など盆地の中に発達した町がいくつも点在しますが、その中でも最大規模の都市です。

毎年、地方都市のクリスマス風景を見に行くに当たっては、いわゆる大都市ではないがそれなりににぎわっている町ということで、デパートがあり、出来ればロフトかハンズのようなおしゃれ雑貨屋があることというのを目安にしてるわけですが、津山にはちゃんとデパート(天満屋、かつては高島屋も)があり、しかも何と去年にはロフトも開店しています(同天満屋内)。人口十万程度の町にロフトというのは、大都市圏以外では例が無いと思います。

という訳で、その津山のクリスマスを見に行ってきたわけですが、商店街周辺では「街ナリエ」と題したイルミネーションなども実施されていて、なかなか悪くない雰囲気でした(人通りは少なめでしたが)。
二つの商店街をつなぐ位置に天満屋の入る「アルネ」という巨大なビルが建っているというのは、商業都市としての命運をかけて再開発を行った結果のようですが、地方の十万都市クラスだとすさまじく寂れている例も多いことを思うと、津山はかなり健闘しているほうだと思います。歴史的町並みが残ることも含めて昔から好きな町なので、頑張ってほしいところです。

宝塚のクリスマス2017年12月21日 21時00分10秒













宝塚市は人口約22万人、兵庫県では7番目の都市で、神戸・大阪のベッドタウンという性質が強い郊外都市です。が、言うまでもなく元々は宝塚温泉を中心に開発された観光都市で、温泉旅館がほとんどなくなった今でも、宝塚歌劇団の本拠地として全国に知れ渡っている場所です。
阪急グループの城下町のようなところなので、駅前には阪急デパートを核とするショッピングセンターがそびえ、そこから宝塚大劇場までを結ぶ「花のみち」沿いにもおしゃれなショッピングモールが整備されています。

まあ、そういう町なので、クリスマスムードもそこそこあるだろうと思って歩いてみたわけですが、この「花のみち」沿いの並木にイルミネーションが行われていたりして(常設なのかこの時期だけかは不明ですが)、やはりなかなかに雰囲気が感じられたのでした。
(まちなみ街道別館の「地方都市のクリスマス」も更新しました。昨年の津、洲本、王寺を掲載しています。)

王寺町のクリスマス2016年12月23日 22時23分08秒











奈良県の北西部に位置する王寺は、JR二路線と近鉄が乗り入れる県下有数の交通の要衝で、西和地域の中心となる拠点都市。巨大な再開発ビルがそびえる駅周辺の賑わい方も、県内有数かも知れません。ところが、面積が極めて小さいために人口は2万人程度で、未だに市にはなれずに「王寺町」のまま、という不思議なことになっています。
駅を出ると、駅南北の連絡通路や再開発ビルの入口、川沿いの並木道など至る所でイルミネーションが行われていて、クリスマスムードもかなりなものでした。
(写真一枚目のイルミネーションは、聖徳太子の愛犬だったという雪丸で、王寺町のマスコットキャラクター)

ちなみに、帰り道に奈良市内にも立ち寄ってみましたが、教会の敷地内でツリーやイルミネーションが見られた以外は、クリスマスムードはほとんど全くのゼロ。この徹底ぶりも逆にすごくて、感心してしまいました。

津のクリスマス2016年12月22日 23時10分00秒













三重県の県庁所在地である津市。近年の非常に大規模な合併によって人口は28万人近くになり、三重県最大の都市である四日市にかなり近づきましたが、実際の町としての規模や賑わいでは相当な差がある……ということは何度か訪れて良く知っていたわけですが。

という訳で、今年はクリスマスの津を歩いてみました。中心となる商業地は津駅からは南に少し離れた大門地区の辺りで、市内唯一のデパートである津松菱も近くにあります。ところが、土曜日の6時過ぎというのに通りは静まりかえっていて、アーケード商店街ではほとんどの灯りが消されているという驚くほどの寂しさ。
侘しいのも悪くないとはいえ、さすがにこれではあんまりなので、かなり歩いて津駅前に行ってみると、さすがにこちらは人の数はそれなりにはいましたが、クリスマスらしさが感じられるのは駅ビルの中のツリーくらい。

まあ仕方ないと諦めて近鉄特急の指定を取り、恒例のミスド(これは駅ビルにあった)で文章書いたり、しばらくのんびり。やがて発車時間が近づいてきたので、もう一度だけ駅前を少し歩いてみようかと外に出てみると、近くの小さな公園で、手作りっぽいイルミネーションが行われているのを見つけました。地元の人が犬を散歩させながら写真を撮っていたり、ああこれでいいのだと思いながら、帰途につきました。

洲本のクリスマス2016年12月18日 21時12分55秒









古くからの淡路島の中心である洲本市は、島が明石海峡大橋などで本土や四国と陸続きになった今でも、中枢機能が集まる拠点都市です。
市内に温泉もあることから、観光都市としても頑張っているようで、数百メートルにわたって続くアーケード商店街や、旧鐘紡工場の赤レンガ建築群を利用した洒落た商業施設などもあり、島にある町としては珍しくちゃんと繁華街と呼べる場所があります。

とは言っても人口5万弱の小都市、クリスマスムードは期待できないだろうと思っていましたが、ちゃんとメインストリートにはイルミネーションが灯り、飾りつけをしている店もそれなりに見られて、案外に悪くない雰囲気でした。あくまで温泉旅行のつもりで、クリスマス風景を見に行ったわけではなかったのですが、せっかくなので載せておきます。

まちなみ街道別館の「地方都市のクリスマス」のほうも、更新を行いました。昨年ブログに載せた、出雲市などの写真を追加しています。

松江のクリスマス2015年12月23日 13時06分07秒













続いては、松江のクリスマス。島根県の県庁所在地にして、山陰地方最大の都市。こちらも合併の結果人口は19万人を超えましたが、元々山陰の大拠点都市で機能集積が大きかったからか、まずまず二十万都市くらいの規模に思えます。

地方都市のクリスマスを見に行くに当たっては、デパートがあるかどうかが一つの基準なのですが、さすがに松江にはちゃんとデパート(一畑百貨店)があります。出雲市にも一応一畑百貨店がありましたが、あれはデパ地下だけという感じの規模でした。
できればロフトとかハンズがあればなお良い(福井、姫路、福山にはロフトがあった)のですが、山陰地方は唯一米子にロフトがあるだけなのでこれは仕方ない。

松江はJRの駅前エリアと、大橋北側の旧市街地エリア(一畑電車の駅のほうが近い)があるので両方歩きましたが、町の規模がそこそこ大きいのでクリスマスムードもそれなりに感じられました。宍道湖沿岸では大規模なイルミネーションイベントも行われているようだったので、そちらがクリスマスの主力なのでしょう。

出雲市のクリスマス2015年12月20日 23時09分46秒













というわけで、遠征してきました。前から一度行ってみたかった、山陰地方のクリスマスです。

出雲市は島根県第二の都市で、人口は合併により17万人にも達しますが、中心市街地の規模で言えばまあ十万都市クラスでしょうか。
言わずと知れた、出雲大社のある大観光地ですが、出雲市駅周辺の夜の市街地は静かな感じ。ところがその割にイルミネーションには結構力が入っていて、通りを歩いていても侘びしい感じはしませんでした。
静かな町と綺麗なイルミネーションの取り合わせ、というのは僕としては理想的で、さすがにかなり寒かったこともあって、クリスマスの町を歩いたという満足感がありました。出雲市駅へは松江から一畑電車に乗って行った(十数年ぶり)のですが、夜のローカル私鉄というのも風情があって、良かったです。

那覇のクリスマス2015年12月17日 20時40分29秒









言わずと知れた、沖縄の中心都市那覇。人口は30万人程度ですが、とてもそうは思えないほどの大都会で、政令指定都市クラスのような雰囲気です。モノレールができて、昔に比べるとさらに都会っぽくなりました。
クリスマス・ムードを期待していたわけではありませんが、沖縄もやはりクリスマス・シーズンで、那覇の都心辺りではイルミネーションを見ることもできました。ただ、ずいぶん暖かいので、やはりクリスマスの気分にはならず。夏のテンションで見るクリスマスというのは、次元が混じり合ったような不思議な感じでした。真夏とまではいかないものの、ユーミンの「ダイアモンドダストが消えぬまに」を思い出したりしていました。

やっぱり、寒さで震えそうな中を歩くというのが地方都市のクリスマスの醍醐味なので、これとは別に今年も例年どおりどこかへ出掛けて来ようと思います。今度は逆に、少し北の方にでも行こうかな。
まちなみ街道別館の「地方都市のクリスマス」のほうも、先日更新しています。

府中市のクリスマス2014年12月25日 20時46分26秒









特にクリスマスの風景を見ようと思ったわけではなく、石州街道沿いの町並みを見に行くために立ち寄った広島の府中市だが、メインストリートの商店街でイルミネーションが点るという告知がされていたので、せっかくだからと滞在時間を伸ばすことにした。

ところが、お茶でも飲んで時間を潰そうとあてにしていた「恋しき」というCafe&Dining(写真四枚目。元は料亭だという、すばらしい建物)がクリスマス前のせいか予約限定となっていて入ることが出来ず、やむなく神社の境内やらスーパーの百均売り場やらで一時間ほど時間つぶしをすることになった。寒いしわびしいし、これはきつかった。
ようやく点灯したイルミネーションはささやかなものだったけれど…これが良かった。心底、「遠くの町のクリスマスを見に来た」という気分になりました。

さて、今年もクリスマスイベントは一通り終了。一応、目標にしていた予定は全部こなせたので、これで悔い無し。あとはぼんやりと新年を迎えます。

福山のクリスマス2014年12月23日 10時42分39秒













福山市は、広島県では広島市に次いで人口の多い町ですが、二番手とは言えさすがは中国地方の大拠点である広島県だけに、人口は46万人にも達します。
備後の中心で、大きめの県庁所在地クラスの規模がある町ですが、その割には知名度が低めなのが不思議な感じもします。

この福山を起点とする福塩線の沿線にある、神辺宿と府中市の町並みを見に行った後、クリスマスの市内を歩いてみました。
さすがにこれだけの大きな町なので、天満屋デパート周辺の商店街は賑わっていて、イルミネーションの飾り付けもなかなか綺麗な感じでした。広場では「ルクアシタ」というイルミネーションアートのイベントも開催されていて、クリスマスムードを十分に感じられる町でした。

昨年の姫路に続いて今年も西のほうの町だったので、次は東のほうに向かおうかと思います。北陸か、静岡辺りかな。段々遠くなってきますが。