町並み写真館・写真更新「御所」2017年05月20日 21時38分00秒




まちなみ街道の町並み写真館「御所」(奈良県御所市)を、更新掲載しました。
つい二週間前、GWの連休に再訪したばかりですが、せっかく写真をたくさん撮ってきたのでさっそくアップデートすることにしました。

しかし、写真の更新掲載というのを行うのは一昨年11月の勝山以来。他に、写真の撮り直しをしたところって無かったっけと考えてみても、あんまり思い出せません。古い写真のままになっているところは、もうかなり遠方でそうそう行けないような所か、撮り直しをしたけど微妙な出来(中には残念ながら破壊が進んでしまったケースも)という所しか残っていない感じです。
金沢など、重伝建になった卯辰山麓と寺町台を入れて3ページくらいに再編成したいところなのですが、肝心の寺町台のまともな写真がなかったりします。そろそろ北陸新幹線騒ぎも落ち着いていそうだから、一度また行かないとなあ。

だらける休日2017年05月13日 21時44分32秒






先週の五連休のうちで唯一荒れ模様の天気となった四日目、よりにもよってその日にいつものメンバー三人で集まることになった。
正直、雨の中どこかに出掛けるのもしんどいということで、こうなると思いつくのが例によっての日帰り温泉である。最近あちこち近場には行き尽くしの感もあるが、笠置の温泉にはまだ行ったことがなかったので、そこに行くことになった。

笠置というとキジ料理だろうと、昼食はキジ鍋にしようということになったが、前に行ったことのある料理旅館に電話をしてみたらなぜか休み。しかし、笠置へ向かう途中の木津川市にキジ料理の店があるというので、そこに電話をしてみると、準備に時間がかかるので2時からならということ。少し遅めだが、うらみち取材の際には店が見つからずに2時くらいの昼食になるのはざらなので、それで予約。

小さな集落内の、少々分かりづらい場所にあったその「雉祥」という店に着いてみると、客は我々だけ。というか、我々の予約が入ったので急きょ店を開けて雉をさばいてくれたのだということだった。部屋は旅館なみの完全個室で、出てきたキジのスキヤキ御膳はキジ肉のお作りやら炙ったのやらまでついている上に、この時期しか取れないというキジの卵でお食べ下さいという。
当たり前だが、身の締まったキジ肉は非常においしくて、それはもちろん素晴らしいのだが、ここに来て一同は「これは思っていた値段のコースとは違うのでは」と動揺し始めた。
しかしまあ、この内容なら高くてもしょうがないと思いつつ、すき焼きの残りで卵とじを作り、鍋の底のその鉄板が見えるまで食べ尽くすという完璧な完食ぶりを見せた我々だったが、結局は予定通りの一人3000円。非常に充実感のある昼食だった。

その後は笠置まで車を走らせて温泉に入り、入浴後は休憩室でダウンして、気付いたら温泉施設に二時間もいることになったが、まあこれもいつも通り。昼食を食べて風呂に入るだけで終わったような一日だった。帰り道も全く渋滞なしのガラ空きで、やはり連休は近場でだらけるに限る。

連休中盤、奈良散歩2017年05月07日 10時31分40秒





(御所)


(郡山城)

五連休の中盤は、ほとんど夏のような空が広がる見事な快晴。屋内にいるような気分にはならないが、もちろん人込みの中に突入するのは避けたい。
それで、整備事業が完了した郡山城と、行く度になぜか微妙に薄曇りだった御所の町並み、いずれも奈良県内の二か所に出かけることにした。郡山城のほうは一応大和郡山市における観光のエースだが、桜の時期以外に混みあっているのはまず見ない。

御所はかなり久しぶりだったが、特別に保存地区などに指定されている様子もない割には、ほとんど様子は変わっていなかった。滞在していた間、観光客には一人も出会うことがなく、ごくのんびりと撮影して回ることができた。
郡山城も、さすがに何人かの来訪者は見かけたものの、観光地という雰囲気では全くなく。
一大整備事業で天守台の石垣が見事に修復され、樹木がほとんど伐採されてしまったこともあって、威容を誇っていたその様子がはっきりとわかるようになった。新設された展望デッキからは、奈良盆地をぐるりと見渡すことができて、まさに絶景である。
その反面、樹木に覆われていた頃の趣は失われてしまった。郡山城と言えばそういうものだ、という子供の時からの記憶があるので、やはり寂しさを感じてしまうのも否めなかった。

今年も少しだけ桜2017年04月09日 20時13分11秒






京都でもこの週末はようやく桜が満開になったものの、土日ともに雨がちの天気ということで、今年は花見も見送りかなと思っていたところ、昨日になって日曜は午後から晴れとの予報が。
それなら、どこか近場でもうろうろしてみようかと思いつつ今日になったが、お昼になっても一向に天候が回復しない。
電気屋さんを回る用事があったので、とりあえず車で出かけてJoshin初め各社の店舗を巡り、夕方近くに用事が片付いても(掃除機を買った)、まだどんよりとしている。しかし、きっと晴れるはずだと思って、電気屋から数キロ先の向日神社へ向かった。

結論から言うと、結局ついに陽が射すことはなかったが、桜のトンネル風の参道や、桜の向こうに広がる向日市の眺めなど、風景自体はなかなか素晴らしいものだった。まあ一応、今年もちゃんと桜を見られたということで、納得することができた。

町並み写真館「波浮港」2017年03月26日 20時22分10秒



(旧港屋旅館)

まちなみ街道の町並み写真館に伊豆大島の「波浮港」を掲載しました。ここにも何度か書いた通り、去年の7月に出掛けた場所です。
町並みとしてはそう大規模なものではないにせよ、やはり様々な文学作品などに登場する所だけに、歴史の重なりというものを感じることができました。天候に恵まれたのも大きかったですが。

ちなみに、関東の町並みを掲載するのは二年以上ぶり(ストックがないため)。東京都内(一応)の町並みとしては、「小さな町並み」に掲載した御岳山を除けばこれが初登場となります。

嵯峨・嵐山うらみち散歩2017年03月20日 15時51分43秒


(嵯峨鳥居本)

(嵯峨釈迦堂の桜)

(清涼寺・竹仙)

(琴ケ瀬茶屋)

三連休中日の昨日、嵯峨・嵐山方面に散策に出かけてきました。
観光客が殺到する連休にこの方面に出かけるというのは、普通なら正気の沙汰ではありません。いつもならまず近づかないエリアだったりするのですが、嵯峨と言っても鳥居本方面、嵐山もコアなエリアは避けるし渡月橋は絶対に渡らないから大丈夫だとうらみち管理人が断言するので、それならまあ行ってみるかということになったのでした。

京都駅から嵯峨野線(山陰本線)の快速に乗り込んだ時点ですでに満員、嵯峨嵐山の駅では改札を出るのにも行列待ちという悲惨な状態でしたが、駅を出るなり人の流れに逆らって我々三人だけはいきなり北上。すると、途端に人の数は激減しました。
まずは清涼寺(嵯峨釈迦堂)へと向かいましたが、そこそこ有名な寺院だと思うのに、ここはがらがら。多宝塔をバックに、早くも桜が咲いていたりしましたが、数人の観光客がのんびり写真を撮っているだけでした。この釈迦堂境内にある茶店で昼食の湯豆腐を予約し、次は嵯峨鳥居本へ。

京都で一番好きな町並みである鳥居本、久々の訪問でしたが、写真の通りの閑散ぶり。あんなにたくさんいた観光客はどこへ行ったのでしょうか、という目を疑うような状況で、貸し切り状態の町並み保存館で愛宕山鉄道の展示をゆっくり眺めたりしながら悠々と散策しました。
それから再び清涼寺に戻り、境内の「竹仙」でこの日のメインである昼食。湯豆腐懐石なので若干高めでしたが、「森嘉」の嵯峨豆腐の味はさすがに文句なしでした。

そこから、いよいよ嵐山へ。と言っても渡月橋エリアへの接近はひたすら避け、どこを歩いてるのか良くわからない道をうらみち管理人の指示に従って進み、有名スポットに一切近づかないままで亀山公園へ。そこから桂川へ出て、今度は手漕ぎのボートに乗り換え。このボートは対岸の「琴ケ瀬茶屋」へ渡るための専用のもので、おっさん三人が乗り込むとかなり不安定で大変でしたが、「もっとそっちへ重心をかけんかい」などと大騒ぎしながらもどうにか転覆することもなく対岸へ到着。
ミニ座敷へ上がり、おでんを食べながら桂川を眺めて、これで一日の日程が終了となりました。
うらみち管理人が豪語した通り、人混みに巻き込まれることはほぼ皆無で、まさに「京都うらみちあんない」なのでした。


町並み写真館「加賀東谷」2017年02月26日 19時57分07秒




まちなみ街道の町並み写真館に「加賀東谷」を新規掲載しました。
以前にも書きましたが、非常に雰囲気の良い集落です。特に大土集落は今まで訪れた山村集落系の中では一番好きな場所かも知れません。
地図で見ると相当な山の中のようですが、実際に行ってみると案外そうでもなく、山中温泉からならちょっと奥に行った程度。大変だと聞いていた途中の道も、全く普通に走れるレベルでした(ただし、当方感覚が若干おかしくなっている可能性有り)。
しかし、あの蕎麦屋さんの蕎麦、食べてみたかった。

自由行動の楽しみ(鹿児島・その2)2017年02月05日 17時12分12秒



(山田凱旋門)


(金山橋)

(前回からの続き)
蒲生を出発して、まずは金山橋へ。これは明治時代の初めに島津家が、金山からの物資搬出のために架けたというアーチ型の石橋で、橋自体も立派なのだが、面白いのはアーチのすぐ向こうに「坂井手の滝」という滝が見えることで、こういう景観も珍しい。すぐ近くには、龍門滝という高さ五十メートル近い立派な滝もある。

続いて、日露戦争当時に作られたという、山田の凱旋門へ。高さは5メートル程度とそれほど大きなものではないが、立派な石造りで、何よりも日本に凱旋門があるというのが面白い(調べたら、浜松にも現存するそうだ)。
写真を撮って、満足して振り返ったら、通りの行く手に明らかに麓集落と思われる町並みが見える。ここは山田麓という集落で、全く想定外だっただけにこれは嬉しい発見だった。


(猫神さま)

そこからようやく鹿児島市内へ戻る。錦江湾沿いの国道を、春っぽくかすむ海を眺めながらドライブし、鹿児島市内でも一か所くらいは定番のところをということで、昔来たことがある仙巌園へ。黒豚カツカレーを食べた後、園内を散策し、猫神神社を参拝。ここは文禄・慶長の役の際に朝鮮半島へ連れて行かれて生還した猫たちを祀った神社で、今では愛猫の無病息災や亡くなった猫の冥福を祈るという場所になっている。小さいながら、古びた石の祠もちゃんとあり、うちや知人のにゃんこたちのために手を合わせてきた。


レンタカーを返し、市電に乗って天文館(鹿児島市最大の繁華街)近くのウォーターフロントにある商業施設へ。なかなかおしゃれリゾートムードだが、対岸には大迫力で桜島がそびえる。もうまるっきり春の陽気の中、広場で海を山をぼんやり眺めながら過ごす。少しずつ陽も傾き始めていて、「世界ふれあい街歩き」の終わり近くみたいな雰囲気だったので、思わずスマホであのテーマ曲を聴いたりしていた。もうあとは、中央駅に戻って新幹線に乗るだけである。

自由行動の楽しみ(鹿児島・その1)2017年01月29日 19時41分53秒


(山形屋デパートと市電)

いくつもの立ち寄り先が決まっている旅行では、それらをどのように訪れるかということに、旅の日程は大きく左右されることになる。今回の場合は知覧麓が県の南方、出水麓が県のほぼ北端ということで、中間の鹿児島市に泊まったのだが、やはり移動にかなり時間を取られることになった。

しかし幸い天候も良かったので、最初の二日間で三箇所の重伝建取材は完了。三日目は、完全にフリーということになった。一人旅で自由行動というのも変だが、そういう気分で、これが楽しい。
鹿児島市内を中心に観光しようかと思ったのだが、重伝建になっていない麓も一か所くらい行っておきたいと思って、ガイドブックで一行だけ触れられていた蒲生麓へ。ここは市内からもそんなに遠くない。調べてみると、日本最大の樹木(クスノキ)もあるという。


(蒲生麓)


(蒲生のクス)

実際行ってみると、思っていたよりは大きな町で、観光案内所などもちゃんとあった。しかし、麓集落の風景自体は観光色のあまりない素朴なもので、朝の爽やかな空気が似合う、非常に好感が持てるものだった。伝建以外も見ておこうというのは正解のようだった。件のクスは、根回りが33メートルもあるというなるほど巨大なもので、樹というよりは巨石のような趣があり、感心した。

で、ここからは鹿児島市内へ戻るつもりだったが、観光案内所でもらったパンフレットには、明治時代に作られたアーチ型の石橋やら、全国でもほとんど例がないという日露戦争当時の石造りによる凱旋門やら面白そうなものが載っている。どちらも近そうなので、行ってみることにした。
(続く)

鶴の軍団2017年01月27日 22時36分40秒





休みを取って、鹿児島へ来ています。
年々寒いのが駄目になり、特に一月の終わり頃には寒さが耐え難くなって非常に辛くなることが分かって来たので、今年は前もってここに休暇を入れて旅行の手配をしておきました。
鹿児島になったのは、とにかく少しでも南のほうへという気持ちからで、それなら1年前と同じく沖縄でも良かったのですが、さすがに毎年となると出費も厳しく。鹿児島ならJR利用で割と安いプランがあり、九州新幹線もできているので大阪からもぎりぎり3時間台で来られます。
重伝建地区となっている、知覧・入来・出水の三つの麓(武家屋敷町の一種)をこの際一気に回ってしまおう、という気持ちもありました。

今日は入来と出水麓へ行ってきましたが、天気もまずまずで気温も十五度くらいまで上がり、セーター一枚でも大丈夫なくらいでした。全国的にも暖かかったようですが、ともかく南のほうまで来た甲斐はありました。
出水と言えば鶴の越冬地としても有名なので、鶴が飛来するという辺りにも行ってみましたが、なるほどものすごい数の鶴が集まって一斉に鳴く様子は壮観でした。1万羽以上いるそうですが、今週辺りから、また北へ帰り始めているようです。今年は鳥インフルエンザのせいで、防疫体制なども大変そうでした。