遠くの嵐2018年07月01日 17時10分48秒






予報では一日雨ということだった昨日、とりあえず昼から車で買い物に出かけたが、南のほうにはどう見ても夏空が広がっていたので、そのまま家に帰るのもつまらなくて1号線をあてどもなく南下。
八幡市内の運動公園にたどりついて、ぶらぶら歩いたり、夏っぽい写真を撮ったりして過ごしてたのだが、そうしているうちに雷の音がどこからともなく聞こえてきた。
北の空を仰ぐと、いつの間にかどう見ても不穏な感じの黒雲が広がっていて、遥か遠くで豪雨が降ってるらしいのが見て取れる。風もどんどん涼しくなり、先ほどまでの蒸し暑さが嘘のようである。

慌ててスマホでレーダーを確認すると、八幡の辺りはぎりぎり大丈夫そうだったが、その東側一帯にはかなり巨大な積乱雲が発生して北上中、山科や大津、宇治でも相当な大雨になっている様子だ。彼方に見える豪雨はどうもそいつらしく、雷もバシバシ落ちている。車だとは言え下手に動くとあれに巻き込まれそうなので、雷雲からの風を浴びて夕涼みがてら、しばらく雲を眺めることになった。

その雷が、山科駅近くにも落ちたりしたらしく、結局琵琶湖線と湖西線が夜の八時くらいまで止まることになってしまった。幹線だから、大変な影響である。京津線は夕方位に復旧したが、乗客が相当殺到したらしい。先週の地震と同じような状況。
滋賀は土曜にも大荒れで、JEF2クラスの強い竜巻(関西では2例目らしい)が米原で発生するという驚くような出来事もあったのだが、昔なら単に夕立と呼んでいたはずのにわか雨が、段々極端に激しい降り方になって来ているのはやはり不気味な感じである。

2018年7月豪雨2018年07月07日 22時38分36秒



先週書いた記事が嫌な予言みたいな雰囲気にもなってしまいましたが、全国でも報じられている通り、大雨による被害が西日本から東海の各地で発生しています。まだ今現在も続いているので、最終的にはどの程度の規模の災害になるかまだ全容は分かりませんが、2011年の紀伊半島豪雨のような、平成に入って最悪のクラスにはなるだろうと思います。

水曜の時点では、台風が去った後三日も四日も大雨が続くという予報がほんまかいなと思ってたくらいだったのですが、悪いほうに的中してしまいました。京都でも、いつまで経っても強大な雨雲が居座ったままで、市内のほとんどが避難準備以上という5年前の水害を超える非常事態になっていましたが、幸い鴨川も桂川もどうにか持ちこたえました。
前回同様日吉ダムの状況をずっと見ていましたが、建造以来初の非常ゲートからの放水という事態にまで至ったものの、絶妙の操作で水量のピークをうまく分散させてくれたようです。

写真は6日夕方に見た賀茂川(高野川と合流前)ですが、山からの冷たい水が大量に流れ込んだせいで一面に川霧が立ち込める、あまり見たことのない状況になっていました。幻想的にも見えますが、現場では押し寄せる水量の恐ろしさもあって、異様にしか見えませんでした。桂川も同じような現象が起きていたようです。

しかし、被災現場の映像ばかり見ていると、いつもながら神経にこたえますね。今回は大洲とか矢掛とか郡上八幡などの馴染みのある地名が次々出てくるのもしんどいです。





河港にて2018年07月08日 21時03分56秒


(今日)

(平常時、これでもやや増水気味)

(右側の柵の辺りは、本来は遊歩道)


雨も上がり、警報も解除になったところで、いつもプールに行ってる伏見港公園(5年前の大雨で水没したところ)の様子を見に行ってきた。
一見平和だったが、元々の河港だった水辺まで来てみると、水がほんとに岸辺すれすれまで上がって来ていて、多少は冠水したのかも知れないが、どうにかここで止めたのだろう。ともかく、前回のようにはならなくてよかった。

舟の形を模した休憩所が、増水で水浸しになってまるで本物の舟のようになっていたが、これはこれでもいいのじゃないかと思ったりした。まさか、冠水時はこういう姿になるように見越して作ってあるのかな?

各地状況が段々判明してきましたが、今回の水害の被害は、昨日想定したよりもずっと大規模なものになりそうです。まずは一刻も早く全貌の把握を進めてもらいたいと思います。

(久々のEC-02)

猛暑から少し逃れて2018年07月15日 17時39分32秒





地震、豪雨の後には今度は京都の最高気温38.7度という猛暑がやってきた。
せっかくの夏空だしどこかに出かけたいが、さすがにこの気温の中を歩き回っては体調に異変を来しかねず、ハイなままばったり倒れてそれっきりというのも困る。
予想気温を見ると、滋賀の湖西方面はまだましのようだったので、ふらっと湖西線に乗って近江舞子のビーチに行ってきた。

実際、湖西は気温もだいぶ低く(30度ちょっとだった)、ビーチに佇んでいると湖水がいかにも涼しげだ。本当は木陰でゆっくりしたかったのだが、数少ない日陰は本格的に湖水浴に来ている人たちがみんな押さえていたので(当然だ)、足だけ水に浸かって足湯ならぬ足湖水浴ということで涼みながらしばらく時間を過ごした。

しかし、景色は本物の海と遜色ないくらいに綺麗だし(先日からの雨で増水気味なので水もきれい)、淡水だから潮風も吹かず水に浸かってもべとべとしたりもしないしと、単に涼むだけなら海よりもこちらのほうが上じゃないかと思えてきた。
学生時代以来まともに湖水浴などしていないが、奥琵琶湖にでも泊まってのんびり泳ぐというのも悪くないかもしれない。

明石海峡の空から2018年07月16日 20時50分04秒





海の日の今日、いつもの旅行メンバーで「明石海峡大橋ブリッジワールド」というのに参加してきました(昨日は近江舞子、今日は神戸の舞子)。明石海峡大橋の内部を見学したり、世界一の高さだという主塔の上に上がったりできるという体験ツアーで、かなり以前から行こうという話はあったのですが、ようやく今日の朝からの枠で予約が取れたのでした(かなりの人気があるようです)。

まずは橋についての集団レクチャーを受け、ヘルメットとベストを着用してからツアーに出発。カメラやスマホは、全てストラップで首から下げないと持ち込ませてもらえません。
まずは管理用の階段を下りて通路を歩くのですが、足元は全て網状のグレーチングで常に数十メートル下の海面が見えている状態。最初の階段に一歩踏み出した時点で、うおっとなってしまいますが、高所恐怖症の人はもうここでギブアップだそうです。

1キロほどスケスケ床通路を歩いて、主塔のエレベーターへ。約298メートルの高さまで上がり、主塔の上から神戸側と淡路島側の眺望を楽しみます。あべのハルカスとほぼ同じ高さですが、ガラスも何にもない生の風景なのですごい迫力、ほとんど真下を見下ろすことができます。しかし、高いところだから涼しいかと思いきや、日影がほとんどないのですごい暑さでした。

約2時間半のツアーでしたが、とにかく普段はまず体験できないような場所ばかりで、非常に面白かったです。高いところがダメな人以外におすすめです。


(この上を歩きます)

(高所恐怖の人は、この階段の時点で無理だそうです。足元はスケスケで海が見えます)

(一見普通の通路ですが、足元には60メートル下の海が見えてます)


(主塔の上。高さ298メートルから真下を見下ろせます)

(狭い通路も。足元にはやはり数十メートル下の海)