到着、「UMPC」2009年01月07日 20時06分57秒

最近、「ネットブック」とか「ミニノート」とかいう安価なノートパソコンが次々と出てきて、興味がないことはなかったものの、今使っているLibretto(写真右・これでも十分小さいが)に比べてあんまり魅力がないこともあって、買おうとまでは思わなかった。

ただ一機種だけ、富士通のLOOX Uというのが欲しかったのだが、これはミニノートよりもさらに小さいUMPC(Ultra-Mobile PC)というジャンルの機種で、パソコンというよりはモバイル機器。重さも、Librettoやミニノートのわずか半分ほどだ。この手の製品としては、2003年発売の「シグマリオン3」(これは今だに使っている)以来のもので、しかもLOOXのほうはちゃんとWindows XPが動く。

なぜ買わなかったかというと、値段が10万円以上と高かったからなのだが、ミニノートブームの影響で最近7万円台まで値下げしてきたのを見て、とうとう買うことにしたのだった。発注から1月、ようやく今日届いたのだが、なるほど小さい(写真左・隣の本は文庫本)。シグマリオンに代わって、普段文章を書くのに活躍しそうである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック