町並み写真館「備後府中」2019年12月01日 13時00分43秒



昨日は色々用事があって、11月分の更新としては1日遅れとなりましたが、まちなみ街道の町並み写真館に、広島県の「備後府中」の町並みを掲載しました。
数年前のクリスマス時期に訪れた町で、個人的には石州街道を歩いた後に見たイルミネーションのほうが印象に残ってしまったりしましたが、町並みのほうもなかなかのものです。

タイトルは当初、単に「府中」としていましたが、東京に同じ府中市があったり、同じ広島県内(安芸? 広島市内といっても良い)に府中町もあるので、「備後府中」としました。町の名前に旧国名がつくの、好きですしね。

出口道(旧石州街道)の入り口。

新型スマホ、Xperia52019年12月03日 20時46分30秒


(換算50mm、F2.4)

(換算26mm、F1.6)

(換算16mm、F2.4)

三度目となる、スマホの機種変更を先日実施。店頭ではなく、オンラインで手続きをしたが、これは楽だった。もうショップに行く必要はないだろうな。

いつもはシャープ機なのだが、ハイエンド級の性能で比較的コンパクト(かなり縦長ではあるが)ということで、今回はソニーの最新機種、Xperia5。これなら分割払いをしながら長期間使っても性能に不満は出ないだろう。

ソニー機と言えばカメラ性能に定評があり、常用しているRX100シリーズとも画の傾向が似ているようなので、どんなものかと思って撮って回っているのだが……ちょっと唸ってしまうくらいに良く写る。
最近主流の複数レンズで、超広角16mmから標準域の50mmまで、デジタルズームなしでカバーできてしまうというのもすごい。メインの26mmは1/2.6インチセンサーで、普及帯コンデジとセンサーサイズもほとんど変わらず、しかもF1.6の大口径だ。

エントリー帯のスマホでも、いずれこの性能に追いつくはず。こんなものが出てきては、GRなどの一部の高級機を除いて、コンデジはいよいよ完全に壊滅するだろうな。喜んで撮影しながら、何とも言えない寂しさを感じることも否めなかった。

後輩来りて2019年12月04日 21時13分58秒



金曜の夜から、関西出張のついでということで、静岡在住の後輩が来ていた。
ほぼ2年ぶりだが、時期も時期なのでほぼ忘年会だろうと、四人で京都駅のもつ鍋屋に行って宴会と言うことになった。とにかく、学生の時そのままで、何時間も延々ギャグ合戦。ひたすら笑い続ける、愉快な時間が過ごせた。

夜はうちに泊まって、やはり深夜まで馬鹿話。翌日は朝から三人でうちの周辺をうろついて(そいつも京都時代は、うちのすぐ近くに住んでいた)、20数年ぶりの街が変わったの変わってないのと盛り上がる。
最後はそいつがバイトしていた居酒屋(今はお好み焼き屋)で、店の内装がそのままだとか言いながらお好み焼きを食べて、解散。静岡へ帰って行った。

全くのノーストレスでこうして色々しゃべることのできる、これだけ長い付き合いのメンバーが何人もいるというのは、あんまりうまく行かなかった気がする僕の人生における、もっとも優れた点の一つだろうと思う。少なくとも、9月1日以降では一番楽しい週末だった。

おいでました、山口2019年12月09日 19時44分58秒


(宇部新天街)


(宇部井筒屋デパート跡)

(山口駅)

(新山口駅)

ようやく旅行をする気力が戻ってきて、この土日で山口方面に出かけて来ました。
新山口駅を起点に、萩市佐々並市の重伝建地区と阿知須の町並み、それに今までまともに見たことが無かった山口市と宇部市の市街地を歩いてきました。
この時期の遠出と言うことで、クリスマス風景も撮影しましたが(特に宇部は苦戦しました)、これはまた改めて。

山口駅前の県庁所在地とは思えない淋しい雰囲気は、ある程度予期していたので、逆に何とか持ちこたえてるかなとも思えました。大津よりはましな感じ。

ところが、元々山口市より人口が多く、下関に次いで山口県第二の都市だった宇部のほうは、中心である宇部新川駅周辺に広がる商業地の衰退がかなりなことになっていて(特に銀天街)、こちらのほうが歩いていて辛い気持ちになりました。市街地自体はビルも並んで立派なのですが。
昨年末で閉店した、井筒屋デパートの宇部店跡地が交流スペースなどとして暫定利用されていて、ほとんど居場所のない街の中で、ここにいる時が一番ほっとしました。デパートはただの商業施設ではないのですね。早く本格的な再活用が決まると良いですが。

結局、新幹線が通ることになった新山口駅(旧小郡町)が、拠点機能をみんな持って行ってしまったのだなあ、と未来都市のような立派な駅の中で思ったのでした。