さよなら楽天モバイル2022年05月25日 17時26分22秒



骨折から約3週間、再度レントゲン検査を受けたところ、骨は元通りになりつつあるようです。でも、まだ2週間は様子見で、また再度検査とのこと。完全復旧にはもう少しかかりそうですが、松葉杖でも段々移動範囲が広がってきました。
(もう杖なしでも歩けますが、負荷をかけて骨を痛めて逆戻り、は避けたいので)
そろそろ、車の運転も再開できそうな感じです。

さて、新規契約から1年間の無料期間が終わった楽天モバイルですが、月間1GB未満のデータ通信量なら引き続き無料ということで、回線を維持しようと思ってました。
ところがこの度、この無料プランが廃止となり、3GB未満980円(税別)に値上げされることに。

いつまでも無料ユーザーばかりでは事業継続できないのは良く分かるのですが、無料プラン発表時のあのお祭りから、まさかこんな短期間で値上げになるとは思ってませんでした。
大量の移行や解約が出そうな状況の中、維持するかどうか検討してたのですが、au系のUQ mobileに移行するのがかなり有利(au経済圏に思い切り取り込まれてるので)ということが分かり、eSIMの楽天HANDなら手続きは全てネットで完結可能なので、よし乗り換えたれということでMNPしました。
申し込みから1時間で、すでに回線つながってます。

990円で、13か月間は月5GBまで使えるというキャンペーンプラン(KDDI系のJCOM回線を家で使ってるので、その割引がある)ですが、MNP時にau payへ13000円相当のキャッシュバックがあるので、これで13か月間は実質無料。
しかも、auカブコム証券のau payカードでの投信積立ポイント還元が1%アップするので、実際にはその分のpontaポイントで料金の大半をまかなえる。(pontaはau payマーケットで1.5倍変換して使えるので)。
さらに、加入申し込み時にアフェリエイトサイトのセルフバックを通したので、これで5000円振り込みがあるというおまけつき。

バリバリau経済圏住民だから使えるプランですが、各社楽天からの流出組を一斉に取り込みに行ってるので、他の携帯会社メインの人も色々工夫できそうです。
もし楽天が他社並みにまともに回線使えるようになって(UQはau本体には及ばないが、かなり高速とのこと)、使えるプランを打ち出してくるようなら、また考えますが、とりあえずはさようなら。

(世の中は)GW20222022年05月08日 19時26分06秒








今年のGWも今日で終了。今年は割と長期で休みやすい祝日の配置だったようで、コロナによる行動制限も久々の緩和ということで、楽しんだ方も多かったでしょう。

と、他人事みたいな言い方なのはもちろん、こちらはずっと休みなので、祝日も何もほぼ関係ないからですが、そうは言っても世の中に合わせて行動することもあるわけで、やはり今年もGWが来たなあという感覚はありました。
毎日が休み、というのに未だに馴染めない部分もありますが、休みのしわ寄せで毎年締め切りがタイトになる仕事の調整に苦労する必要はないわけで、そりゃ楽ですよね。

そういうわけで、正月以来の奈良へ帰って来て、平城宮跡に出かけたりと滑り出しは好調だったGWですが、三日目くらいに車に乗ろうとガレージに向かったところでうっかり転び、足をかなり痛めてしまいました。

それでも、公園(室生山上公園芸術の森)にそのまま出かけて、痛い足を引きずりながらも半分くらいは見学ができたくらいだったのですが(ほとんどは座って景色を眺めてましたが)、数日経っても痛みが一向に治まらない。

さすがに心配になって整形外科を受診したら、腓骨という下腿の細い骨が、スパッと綺麗に折れてました。そりゃ痛むはずですが、「まあ大したことはない、一ヶ月ほどで治る」とのことで、簡単な治療用装具をつけて固定することになりました。

歩くのは大変ですが、大人しくしていれば痛みもないし、とにかくしばらくステイホームに逆戻りの生活をするしかありません。
折角のGW、天気がいいのにもったいないなあと空を見てましたが、治ってからも日はいくらでもあるわけで、今は在宅でできることをやるしかないですね。

今年は行きました、精華大卒展20222022年02月20日 20時14分39秒











去年はコロナ禍で見送った、このところ毎年のように見に行ってる精華大の卒展。今年は、入場制限などもかかっている中で短時間だけ、漫画学部とデザイン学部だけ見てきました。それでも相当な作品数、相変わらずレベルも高く。

しょぼくれたおっさんやけど、僕も仲間なんや、創作する人なんや、などと彼らにとってはどうでも良いことを思いつつ作品を鑑賞して回っていると、やはり元気になるのでした。

あとは春を待つだけ。

市内GOTOたびたび、さまざまな出来事2022年01月16日 19時21分35秒







去年の2月にやった、高いほうのプールで泳いだ後、すぐに近くのホテルに泊まるというのを今年もやってみることにした。泳ぎには行きたかったのだが、帰り道に湯冷めみたいになって風邪をひくことが多いので、これをやると大変快適なのである。
このプールも、今いる会社との契約で利用できていたので、春以降は(少なくともしばらくは)使えなくなくなるはずである。近所の公営プールでも泳ぐだけなら十分だが。

使った枠組みは、この前の忘年会の時と同じ、「京都魅力再発見旅プロジェクト」、つまり京都版GOTOである。
補助の仕組みと楽天トラベルの割引の関係で、朝食なしだと実質1泊700円、ありだと1泊1000円という訳の分からないことになっていて、もちろん朝食付きにした。かわいらしい和食弁当で、大変良かった。

宿泊でもらえる、市内のほとんどの店で使えるクーポン券は、ホテル近くのジョーシンで使うつもりだったが、ずっと買い替えを検討していた無線ルーターのちょうど良いワゴンセール品があったので、迷わずこれを買った。

さすがに10年前のルーターに比べると通信速度は段違いだが、買い替えを検討しながら結局見送っていたのは、無線ルーターの価格が毎月どんどん上がっていて(半導体不足とインフレの影響?)買いそびれたからなのだった。今回のは型落ちのWifi5だが、廉価な6よりも速いのでヨシとした。
仕事でWeb利用も増える可能性があるし、あまりに低速だと困るかもしれないので、ちょうど良かった。

ホテル近くのイオンモールで夕食を食べていた時に、トンガの噴火を知った。
その時点で、津波が来る可能性の指摘はされていたが、早めに寝て目を覚ましたら津波警報まで出ていて、日本各地で1メートルクラスの津波が到達し、衝撃波で気圧変動まで起きたというので驚いた。あの、日本地図が黄色と赤に縁どられている映像は恐ろしい。

衛星画像も見たが、歴史的規模の大噴火らしく、今後数年単位で全世界の気象に異常が出る可能性が高い。専門家の分析を待ちたいと思う。

まだましな3連休2022年01月10日 20時23分56秒








2年前、3年前にはそれぞれ沖縄の離島や奄美大島に避寒旅行に出かけていた、この1月の三連休。
では去年はどうだったかと思って調べてみたが、見事に何にも写真や記録が出てこない(このブログにも記事がない)。帰省も見送ったような緊急事態宣言下で、本当に何もしなかったようだ。

今年のこの連休も、12月から年末年始にかけてはかなり出かけて回ったし、ついにオミクロンの第6波も来たようなので、特に出かける予定もなし。どう考えてもさすがに沖縄どころではない。

ただ、ちょっとお詣りに行って帰りに嵐電の路面区間に乗ったり、一応府境を超えてぎりぎり大阪側のくずはモールでのんびり過ごしたり(この規模となると、もはやモール内だけで一つの街である)と、何の記憶もない去年に比べるとまだましだろうと思う。

3日とも天気が良くて、比較的暖かかったのも助かった。久々に、ベランダで陽を浴びながら本を読んでて過ごせたほどで(今日は最高13度近くだったから、避寒先の沖縄で寒波を食らった時の最低気温に近い暖かさ)、これはありがたかった。

2022、普通の年末年始2022年01月03日 12時35分42秒




(油日神社)


(大和郡山)

(筒井城址)

(櫟野寺)

オミクロン株とやらによる、エノケン……じゃなかった六波が来る前に、今年は通常通りの年末年始を過ごすことが出来ました。
年明け直後の深夜に城跡の神社に参拝し、もっと古い城跡(順慶で有名な筒井城址)にある近所の神社へ、お掘の痕跡などを探索しながらまた初詣に行って、昨日は滋賀の甲賀方面にドライブ(以前から何度も行き損っていた、油日神社と櫟野寺)したりと、まあ例年通りの過ごし方。
日本一危険なことで有名な名阪国道で事故渋滞につかまったり、というのも、平常運転という感じでした(帰り道には、起きたばかりの事故現場に遭遇しましたが、ドライバーの方は無事のようでした。その後また、車線規制で大渋滞が発生したようです)。

この先どうなるか分かりませんが、またしばらく出かけられなくなったりする可能性もあるので、どうにか年末年始までにコロナがそれほど広がらなかったのは幸いでした。
今年は大きく生活が変わり、ついに傾きかけた会社を去ってサラリーマン生活を終わりにするので、春ごろからは自由に動ける時間がしばらく続きます。その頃までにはまた終息して欲しいなあという気持ちです。
遊んで暮らす余裕まではないので、またいずれ、忙しくもなってくるだろうとは思うので。

ミニマム忘年会のクリスマス2021年12月25日 22時45分56秒






例年に比べると極めて小規模ながら(例年は7人、今年は4人の予定だったが1人風邪でドタキャンで3人になった)、辛うじて恒例メンバーでの忘年会を開催することができた。
日程調整の結果、たまたまクリスマスに当たったわけだが、今年の幹事の意向で落ち着いた店でいいものが食べたいということで、デパートのレストラン街にある天ぷらのお店ということになり、クリスマスのかけらもなかったが、さすがにカウンターで揚げたての天ぷらをいただくのは美味しかった。

たまたま、そのデパートのちょうど向かいにあるビジネスホテルが、京都版GOTOみたいなので実質無料というキャンペーンをやっていたので、面白いので泊って帰ることにした。市内GOTOは昨年冬も何度かやったが、四条河原町に泊まるというのは初めてで、それが無料というのはすごい。
部屋が余っていたせいか、シングルルームのはずが、実際は広めの部屋になっていた。

さて、忘年会1次会を終えて、お茶でもしながらしゃべるかと、ちょうどそのホテルの下にあるスタバに向かったが、辺りはクリスマスの喧騒ムードで、とても空きテーブルが見つかる状況ではない。
そこで、飲み物をテイクアウトし、ホテルの人に了解をもらって、ロビー横のバースペース(今日は休業日だった)でゆっくり過ごしながらコーヒーを飲むことができた。
結果的に、ホテルを押さえていたのが生きて、大変快適に過ごすことが出来た。

来年はもっと大勢でとは思うが、今できる範囲では、まあベストの過ごし方が出来て良かったと思えた一日だった。今からホテルでゆっくり寝ます。

岐阜市のクリスマス2021年12月23日 19時00分48秒













人口40万人超を有する岐阜市は、言うまでもなく岐阜県の県庁所在地にして最大の都市で、東海三県で見ても名古屋に次ぐ集積規模を誇るのではないかと思います。
近年の、JR岐阜駅前の発展が特に目覚ましく、超高層ビルが並ぶような風景が見られるようになりました。
そんな岐阜駅前の広場では、やはり見事なイルミネーションが実施されていて、クリスマスムードも満点でした。昼間に旧谷汲駅で出会ったばかりだったのと同型の、旧名鉄谷汲線などで使われていた丸窓の旧式車両も、一緒になってイルミネーションを盛り上げてくれているのが嬉しかったです。

ただ、JRの駅前と、その北側に位置する名鉄岐阜駅の周辺辺りまでは都会的とも呼べる賑わいが見られるのに対して、昔ながらの繁華街である柳ケ瀬の辺りは人通りもまばらで、もしも高島屋デパートが撤退とでもなったらもたないだろうなと心配になりました。比較的近年まで残っていた市内電車を廃止せずにいたら、鹿児島のように繁華街が二極化して両方発展できたのじゃないか、そう思うと残念な気がします。



(柳ケ瀬商店街、土曜の19時でこれは厳しい……)

大垣市のクリスマス(2022)2021年12月21日 19時12分37秒













大垣市は県庁所在地である岐阜市に次ぐ岐阜県第二の都市で、人口は約十六万。西濃地域の中心で、集積規模の大きい拠点都市です。駅前のヤナゲンデパートが閉店してしまったのは残念ですが、近辺の再開発も進んでいるし、駅の中にも新しい店が色々出来ていたりして、まだまだ寂れている感じはしません。

クリスマス時期の大垣を歩くのは三回目、2012年以来でしたが、駅前の広場で大々的にイルミネーションイベントが行われていて、前回までに比べるとクリスマスムードがかなり強く感じられました。
メインストリート沿いの商店街の、ささやかなイルミネーションのほうも健在で、こちらも雰囲気があって大変良かったです。

阪神西宮のクリスマス2021年12月20日 20時04分25秒









兵庫県の西宮市は約50万人の人口を擁する、阪神間エリアを代表する中核都市の一つ。元々は西宮神社(西宮えびす)の門前町で、市内にいくつもある大規模な駅の中でも、阪神の西宮駅が神社や市役所にも近い中心駅、のはずなのですが、実際には阪急の西宮北口駅(西北)が町を代表する大拠点のポジションになっているようです。

イルミネーションなどのクリスマスの賑わいも、巨大モールである「阪急西宮ガーデンズ」のある西北のほうが盛り上がっていると思われましたが、敢えて阪神西宮のほうに行ってみたところ、駅の中に小規模ながら阪神デパートなども入っているおかげか、まずまずクリスマスらしい華やかさを感じることも出来ました。
周辺の商店街は、綺麗なお店などは多いものの、少々淋しい感じでしたが、「地方都市のクリスマス」らしさは、こちらのほうがより感じられるのではないかと思い、納得したのでした。