府県境2021年04月25日 19時41分59秒





はーい、またまたやってきました、おなじみの緊急事態宣言その3。
昨日は再々発令前の最後の日ということで、京都府の外へ出かけて来ました。と言っても、店内を京都・奈良の府県境が横切っていることで有名なイオンモール高の原へ行っただけなんですけどね。

木津川市役所の出張所が入ってることを見ても分かるように、店内の半分は京都府内。
「KYOTO」「NARA」のおしゃれな府県境表示もありまして、今日からは手前側は緊急事態、向こうは平時なんだそうです。奈良県庁が一切何もしないので、奈良市独自で宣言を出したりはしてるみたいですけどね。

ちなみに、割と空いてました。

廃線跡の桜2021年03月28日 14時25分12秒





昨日は久しぶりに、宇治市の木幡緑道へ。ここはかつての、旧陸軍宇治火薬製造所への専用線跡地で、つまりは廃線跡。
駅を模したような休憩所まであって、これは貨物専用の引き込み線だった当時とは関係もないはずですが、それでもなかなか雰囲気にぴったりで嬉しくなります。
タイミングの良いことに桜もほぼ満開で、沿線にある許波多神社の境内も見事に春らしい風景になっていました。






旧陸軍引き込み線の、廃線跡としてのハイライトは緑道の先に続く大築堤で、短い距離ながら京阪宇治線をオーバークロスする地点など三箇所に立派な橋台が現存しています。橋桁がそのまま残っている場所まであるのが素晴らしい。「陸軍用地」の標石も、いくつも残されていました。
この先もずっとこのままでいて欲しい、大切な文化財だと思います。

市内続行2021年03月21日 18時00分12秒





今週末は先週とは逆に、日曜の今日は一日強い雨でどこへも行けず。昨日の夕方に少し外出しただけだった。
とは言ってもやはり京都市内からは出ず、一駅だけJRに乗って山科のメガ無印へ。中のカフェでしばらく過ごして、買い物もしてきた。

まあ、メガ無印はどちらかというとついでで、少しだけ新快速に乗りたかったというのが本当のところ。しかし、これだけのことでもいくらか気晴らしにはなった。
行動範囲をもう少し広げてもいいとは思うのだが、どうせすぐにコロナのリバウンドが来るだろうという気持ちが重くて(昨日の京都駅は大変な人出だった)、なかなか気が進まない。

最近は毎晩ほんのわずかだが近所を走ったりしているし、金曜日は仕事帰りにいつものプールに行ったりもしたので(検温も体調の申告も、もうすっかり慣れた)、とにかく毎日を生きる意義を見つけたい、という気持ちがどうにかキープできているのが救いである。
来週は、近所の桜もいよいよ本格的に咲くだろう。

やがて消えゆく/これも旅2021年02月07日 19時25分03秒






春のような温かさの訪れと共に、京都の感染状況が大幅に改善し始めた。京都の場合、観光客が来なければやはり好転も早いようだが、しかし観光業界はものすごいダメージを食らっている。

ホテルも閉館中の所がたくさんあるようだが、ふといつものプール近くのホテルを調べてみたら、相当に安い値段で泊まれるようだった。GOTOが必要ないくらいのレベルで、それでも閉館よりはましということなのか。
それなら、泳いで風呂に入った後にそのまま泊まるという贅沢なことをやってみようと、そのまま予約してみた。

この土日は暖かく、プールから帰るのもそんなに辛くは無かったのだが、すぐにチェックインできると言うのはさすがに楽である。ホテル内のレストランが休業中だったのは誤算だったが、駅前のイオンモールまですぐなので、夕食も簡単に食べられた。20時で閉まるのをすっかり忘れていて焦ったが。

そのホテル内の自販機コーナーに、あのニチレイの自販機があった。かつては、早い時間に閉まってしまう高速道路のパーキングエリアなどで重宝したものである。
とはいえ、うどんやハンバーガーなどの、あの昔ながらの自販機(ほぼ絶滅に近い)と比べてしまうとどうも味気なく思っていたのだが、ところが今度はこのニチレイの自販機も修理ができなくなってきたとかで、こちらも絶滅危惧種ということになってしまった。

次にいつ出会えるかも分からないので、朝食代わりにたこ焼きを買ってみた。
見た目は何だこれという感じだったが、当然熱々でなかなかおいしかった。深夜の高速で食べた時は、もっとおいしかっただろう。
しかし、日常ではできない体験。これもまた、旅なのである。


昔ながらのほう(2009年、高岡市で)

緊急事態Ⅱ2021年01月17日 18時58分47秒



年末ぎりぎりまで観光客いらっしゃいをやっていた京都だったが、あっという間に感染拡大を制御できなくなり、いきなり春以来の緊急事態宣言に乗っかるというところまで行った。
もっとも、20時以降の飲食店営業自粛以外には策というほどの策も無く、先行して発令された首都圏も結果が出ていないようである。

大阪が11月にGOTO除外されて一旦ピークアウトした直後から、人が流れてきた京都は急激に状況が悪くなった(紅葉とも重なった)のだが、あそこで全国一斉にやめておけばいくらかはましだったろう。
しかし、もはや旅行を減らす程度で抑制できるような段階は過ぎてしまったと思われる。

まあ、緊急事態でもなんでも、朝の地下鉄は通勤客で普通に混んでいるし、恐らく大した効果は出ないだろう。気温が上がり、ワクチンが来るまでは、感情を凍結させて毎日生きるしかない。
状況がある程度落ち着いたら、人のいない廃線跡を歩くくらいのことはできるだろう。あと何日かかるか。いつものメンバーで最後に集まってから、間もなく1年。

再会のリニア・鉄道館2020年10月04日 20時26分01秒




(蒸気動車・ホジ6005)

(主役のはずのリニア)

(100系と0系)


(旧型客車、スハ43)

(流電、52系)

明治村の翌日は、予報が雨だったこともあって特に予定もなかったのですが、この際だからと思ってあおなみ線の終点である金城ふ頭まで行って、「リニア・鉄道館」を見ることにしました。
館内では関係ないものの、予報が外れて天気は晴れ、しかし前日とは違って気温は涼し目で、秋晴れという感じの一日になりました。

ここで再会できたのが、かつて明治村で展示されていた「蒸気動車」。客車の先頭に蒸気機関を載せて、機関車なしで単独で走れるという、ディーゼルカーの先祖のような車両ですが、この無茶な仕組みが昔から大好き。関西本線で走っていたというのも、親しみが持てます。国内で唯一保存されている、貴重な車両です。

というわけで、リニアそっちのけで古い車両ばかり見ていたわけですが、京阪神新快速の先祖とも言える流電など、良い車両が色々あって、ここは非常に楽しかったです。
大宮や京都の鉄道博物館よりはかなり小さい感じですが、その分そんなに必死で回らなくてもよいので、あんまり疲れないのが良いです。ご飯を食べるところがもうちょっとあれば、とは思いましたが。

新・新風館2020年07月27日 21時40分55秒







好きだった、烏丸三条の「新風館」がなくなってしまい、しかしそのベースだった旧・京都中央電話局の建物はそのまま保存されて、ホテルなどが併設された「新・新風館」が誕生するということだったのですが、ここもコロナの関係でオープンが延び延びになっていました。

それが、ついに先日ようやくオープンしたということで、どこにも行かない連休ではありましたが、御池のほうに用事があったついでに、どんな感じがのぞいてきました。

ホテルが出来て、全体の規模ははるかに大きくなりましたが、商業施設ゾーンとしては、それほどの規模ではないさそう……いや、しかしいいですね。
おしゃれ度では、前のを上回る雰囲気で、旧館の雰囲気もちゃんと残してある。
前のほうが解放感はあったけど、新しいほうは緑も多く、これも大変いいと思います。京都にこういう場所ができるとは。

ちなみに、本来なら祇園祭後祭りの宵山だったはずの日でした。もっと多くの人でにぎわったのでしょうね。そこそこ人はいましたが、密というほどではありませんでした。

(旧・新風館外見。と言っても、今とほぼ変わりません)

(旧・新風館内部。今と違いすぎて、どこがどうなったのやら)

格別のことはなく2020年07月20日 21時22分43秒





久々の奈良ではサイクリングした以外、最近オープンしたコンベンションセンターと蔦屋書店に行って(本当はマリオットホテルも完成してるが、この状況でオープンできない)、ちょうど1年前に尾張一宮で食べたのを懐かしみながら、和食ファミレスでひつまぶしを食べて(本場とはかなり違うがこれもまずまず)、まあ格別なことはなにもありませんでした。

しかし、それでも相当な気晴らし(というか正気に少し戻った、くらいにまで思えた)になって、ものすごく印象に残った週末でした。とにかく、夏空になったのが何よりも嬉しかったです。
2020年の夏、として思い出すのはこの土日のことになるかも知れません。

部分日食2020年06月21日 20時19分46秒



今日は非常に珍しいという、夏至の日の部分日食だったのだが、うっかりデジカメを持たずに出かけてしまい、スマホしかない状態で欠け方がピークになる時間になってしまった。
ちょうど空が広い京都駅前で、うっすらかかった雲の向こうに太陽の姿は見えていたので、目を細めれば三日月形の太陽はちゃんと見ることができた。
しかし、いかにカメラ機能が強力でマニュアルでの調整も効くXPERIA5と言えども、SS最高1/4000で光学2倍程度ではやはりまともに撮るのは無理だった。

まあしかし、なんとなく左下がいびつになっているのが分かるような気もする。見るには見られたから、これで良しとします。RX100M6持ってれば、もうちょっと何とかなったんじゃないかとは思いますが。

厳戒の大型連休2020年04月26日 21時32分55秒






いよいよ今年も大型連休に入ろうとしている国際観光都市・京都。
ではあるものの、特別なんとかに指定されているものだから(東京・大阪のような状況には別になってないが、まあそうならないためだろう)、まさにどこもかしこも閉鎖状態。何やらSF系アニメのようでもある。

京都府からも出るなと言われているし、不要不急の外出も禁止と(うらみちの取材など不要不急も良いところだろう)されているため、せいぜい新田辺のスーパーに買い物に行って、ついでにミスドを食べる程度(近所の商店街の店は閉鎖になってしまった)。

同じ京都でも伏見より南はそこまでの緊迫感もないし、奈良に至ってはかなり平和な状況なのだそうだが、とにかくおとなしくしているしかないだろう。