オシアナス・ブルー2020年09月09日 20時55分05秒



何年使ったかもはや覚えていないくらい長期間使っていた腕時計(シチズン・アテッサエコドライブ。ソーラー電波の初期の物)が、夏の終わりと同時に息絶えた。
1年前くらいから調子がおかしく、あり得ない角度に針が動いて架空の時空を示したりしていたのだが、メンテナンスモードなどで調整して何とかもたせてきたのだった。

次の買い替えは、前から興味のあったカシオのオシアナスにしようと思っていて、シンプルな最廉価モデル(シリーズで唯一、チタンを使ってない)を検討していたのだが、今このご時世で数万円もする時計を買うべきかどうか迷った。今時、ソーラー電波タイプでも1万円台くらいのもある。

しかし、前の時計がまともな品だったおかげであんなに長期間使えたこと、それに旅行にも何も行っておらず、コロナ以降ほとんどお金を使っていない(車検代くらい)ということもあって、まあいいやということにした。多少は国内メーカーへの応援にもなるだろう(山形県で製造しているそうだ)。

オシアナスと言えば、オシアナス・ブルーという金属的な青色で知られるが、廉価版でもちゃんと色は出ている。ついつい光に当てて、眺めてしまう。気に入ってるので、ヨシとします。