囲い込まれてiPod2018年10月21日 16時49分02秒

恐らく最後のiPod nano

第二世代から始まって、第四世代第七世代と使い続けているiPod nanoだが、昨年の夏をもって製造終了ということになってしまった。今後は便利なiPhoneをお使いくださいということなのだろうけど、あれは全くの別物であって(最新のは十万円だそうだ)、困ってしまった。今更他社製品(ソニーになるだろう)に乗り換えるのも、データ移行などが面倒で気が進まない。

どうこう言ってもそこそこ人気の製品だったし、いずれ復活するのじゃないかとも思うのだが、出てすぐに探し回って買った今の第七世代(前期型・緑のほう)もこの今月で丸6年、毎日使い続けてるのでそろそろバッテリーの劣化なども気になる時期である。突然故障されたりしてもお手上げである(今のところ性能に全く問題がないというのもすごいが)。

そこでやむなく、中古の第七世代(2015年モデルの後期型・ブルー)を、予備機で買っておくことにした。さすがに6年使った2012年モデルよりは状態もずっと良く、これならまだ何年も使えそうだ。とりあえず、この二台を交互に充電して使うということにしようと思う。 しかし、いずれは根本的な対策をしなきゃならなくなるだろう。そのまんまiTunesにつながるWalkmanとか、出してくれないものだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック