るり渓を散策する2018年08月11日 23時07分34秒







せっかくるり渓の近くまで来たんだからということで、グランピングの後、少し渓流沿いを歩いてみた(実は全員来たことがなかった)。
通天湖のダムの下辺りから下流へと歩き始めたのだが、どうも流れに迫力もないし水もあんまり綺麗でないしで(ダムのすぐ下流だから無理もない)、やはり観光地として今一つ寂れてしまったのも無理はないな、という感じ。歩いている人もごくまばら。
ところが、しばらく歩いて「仙会巌」「玉走盤」などと命名された「るり渓12勝」という景勝を順番に見ていくうちに、山奥の渓流という雰囲気がたちまち盛り上がって来て、ついには鷺まで現れた。サービス満点で、これはみな喜んだ。

結局、12勝の半分、「双龍淵」というところまで片道1キロ程度歩いたところで引き返したが、手軽に散策出来て思いの外楽しかった。紅葉シーズンならさらに良かろうと思うが、さすがに混むのだろうな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック