夢で叫んだように2016年03月18日 22時01分52秒




波の頁をめくる 
時の見えない指さき
自信はないけれど
好きよ…… でもね……
たぶん…… きっと……

まだ早い夏の陽が あとずさるわ

透明な水の底 
硝子の破片が光る
だから気をつけてね
好きよ…… でもね……
たぶん…… きっと……

(大滝詠一,「探偵物語」,「DEBUT AGAIN」M-6)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック