今年も行きます/更新情報2014年12月06日 22時02分08秒



毎年必ず撮影しに出掛けている、地方都市のクリスマス風景写真ですが、今年もやはり行きます。
去年は比較的近場の姫路でしたが、今年は近畿からは出ようと思っています。そんなに遠くなくて、人口が二十万以上の主要拠点都市(できればその近くに人口十万人台くらいの町もあればなお良い)、というと段々限られて来てるわけですが(愛知にいっぱいあったけど、ほとんど行き尽くしてきた)、さてどこへ行こうか。今回は予算をプールして来たので、新幹線二駅以上でも利用可ということにするつもりです。
去年はちょっとしんどい状況で出掛けて、行き帰りの電車の中でも色々思うことがあったのでしたが、今年はすっかりラクな感じで、ありたがいことです。
過去の写真も、そろそろまとめたページでも作ろうかと検討しています。まちなみ街道の中に置くことになるでしょうけども。

まちなみ街道のほうも、小さな町並みとして群馬の「小幡」の写真を掲載しました。前回の砥沢と同じ時に訪れた町並みです。

ラクに行こう2014年12月08日 21時05分33秒



原田知世の「I could be free」、今でも時々聞くが、これは本当に名盤だったな。さすがトーレ・ヨハンソンと感心したものだ。「ラクに行こう」の出だし一音、これは何度聞いてもすごい。
これには入っていないが、「シンシア」も素晴らしい曲だった。こういう音楽、どこへ行ったのだろう。


白く素晴らしい翼はいらないから ほんの少しの勇気が欲しいだけ
オペラグラス片手にのぞいたら もう一人の自分がこっち見てた
懐かしい笑い顔で 久しぶり! なんて

呼んでもないのに 明日はやってくる 言いようのない焦りだけ抱えてた
たまには子どもみたいに 伸びやかな足で ラクに行こう

白く素晴らしい翼はいらないから ほんの少しの勇気が欲しいだけ
ドアを叩く di di da di da 今すぐに
(原田知世,「ラクに行こう」,「I could be free」M-13)

クリスマス別館開設2014年12月14日 12時31分09秒



というわけで、「まちなみ街道」内に別館扱いで「地方都市のクリスマス」コーナーを開設しました。
本来のサイト内容と全然関係ない気もしますが、開設当初は特別企画とか言って神戸ルミナリエの写真を載せたりしていたくらいなので、まあいいかなとも。
以前の写真をまとめて載せるだけなので簡単だろうと思いましたが、案外手間がかかってしまいました。

クリスマス小説を何か2014年12月17日 20時13分38秒



毎年この時期に某所に上げているクリスマス小説だが、今年はお休みにしようと思っていたのが、試作版みたいなのをちょっと書いてみたらあっという間にできあがってしまったので、結局今年も投稿することになった。まあ、ごく短いものではあるのだけど。
最初は本気で上記のこのタイトルにしようかとも思ったのだが、さすがにそれはやめておいた。

それにしても、もう何年も同じ曲しか入っていなかったiPodのクリスマスフォルダに、今年は久々に新しい曲が追加できた。結局夏以降、このアルバムばっかり聞いてた気がする。


クリスマスだから クリスマスソング 三歳(みっつ)の坊やでも知ってる 素敵なメロディ

歌いませり 踊りませり 主は来ませりのクリスマス
響かせせり 君の胸を ラララ、メリークリスマス

歌いませり 祈りませり 今宵ひとりのクリスマス
捧げませり 君の歌を 心の友に
(キリンジ,「クリスマスソングを何か」,「11」M-10)

福山のクリスマス2014年12月23日 10時42分39秒













福山市は、広島県では広島市に次いで人口の多い町ですが、二番手とは言えさすがは中国地方の大拠点である広島県だけに、人口は46万人にも達します。
備後の中心で、大きめの県庁所在地クラスの規模がある町ですが、その割には知名度が低めなのが不思議な感じもします。

この福山を起点とする福塩線の沿線にある、神辺宿と府中市の町並みを見に行った後、クリスマスの市内を歩いてみました。
さすがにこれだけの大きな町なので、天満屋デパート周辺の商店街は賑わっていて、イルミネーションの飾り付けもなかなか綺麗な感じでした。広場では「ルクアシタ」というイルミネーションアートのイベントも開催されていて、クリスマスムードを十分に感じられる町でした。

昨年の姫路に続いて今年も西のほうの町だったので、次は東のほうに向かおうかと思います。北陸か、静岡辺りかな。段々遠くなってきますが。

非実在仔犬の一年2014年12月24日 22時43分05秒



Nintendo3DSの「Nintendogs+cats」で仔犬を飼い始めてから、もう一年も経った。
世話をしないでいるとすねてクーンとか言い出すので放置も出来ず、結局毎日一日も欠かさず世話を続けることになり、結構大変だった。
非実在だけに歳を取ることもなく、ずっと仔犬のままである。しかし彼の生命が永遠かというとそうとも言えず、最終的にはこのソフトを動かす実機が無くなったり、データを保存しているフラッシュメモリの寿命が来ればお別れになるだろう。

先日、ソニーがAIBOのサポートを終了するというニュースが流れたが、飼い主にとっては十年間飼い続けた紛れもないペットであり、故障したらもう直せないというのはあまりに無念だろう。あのソニーにしては良心的にサポートをしてきたほうだろうし、仕方ないのかもしれないが、やはり気の毒に思う。
ただ、例え機械生命体と言えども、この世界に永遠の生というものはないのだと、それは事実なのかも知れない。SFの世界では繰り返し取り上げられて来たテーマだが、現実がついに追いついてきたのだろうか。

府中市のクリスマス2014年12月25日 20時46分26秒









特にクリスマスの風景を見ようと思ったわけではなく、石州街道沿いの町並みを見に行くために立ち寄った広島の府中市だが、メインストリートの商店街でイルミネーションが点るという告知がされていたので、せっかくだからと滞在時間を伸ばすことにした。

ところが、お茶でも飲んで時間を潰そうとあてにしていた「恋しき」というCafe&Dining(写真四枚目。元は料亭だという、すばらしい建物)がクリスマス前のせいか予約限定となっていて入ることが出来ず、やむなく神社の境内やらスーパーの百均売り場やらで一時間ほど時間つぶしをすることになった。寒いしわびしいし、これはきつかった。
ようやく点灯したイルミネーションはささやかなものだったけれど…これが良かった。心底、「遠くの町のクリスマスを見に来た」という気分になりました。

さて、今年もクリスマスイベントは一通り終了。一応、目標にしていた予定は全部こなせたので、これで悔い無し。あとはぼんやりと新年を迎えます。

大丈夫のはず2014年12月29日 00時11分47秒



同じ会社のつきあいの長い、仲の良い後輩が、脳出血で倒れて緊急手術をしたという報せが入って来た。つい数日前に飯を食いに行った時はあんなに元気だったのに、と呆然としそうになったが、まずは過去の人脈を伝って、僕の出来る範囲で彼が所属する部署への連絡を手伝った。しかし現実的には今これ以上できることもない。

とにかくということで、先ほど近くの神社をお詣りしてきた。ここは前に別件でも現に御利益があったところだから、きっと大丈夫なはずである。明るい報せを待っていて大丈夫だろう。
しかし、どんな時間でも門戸を開いている神社という場所は、ありがたいものである。

町並み写真館「引田」2014年12月29日 15時49分06秒



まちなみ街道の町並み写真館に「引田」を掲載しました。暑い暑い夏の日に、汗びっしょりになりながら歩き回ったことを懐かしく思い出しながら、写真を選ぶ作業をしましたが、窓の外は真冬の寒さ。早く夏に戻らないかな。

さて、これで今年のまちなみ街道更新は最後になります。今年も秋田や能登など、そこそこストックは増やせたので、まだまだ更新は続行の予定。来年もよろしくお願い申し上げます。