伏見稲荷に登る2009年02月22日 21時57分04秒









またまた参拝登山シリーズと言うことで、いつものメンバーで今度は伏見稲荷大社へ。全国のお稲荷さんの総本宮である伏見稲荷。ここは「千本鳥居」の風景が有名ですが、この鳥居が連なる参道が、ずっと稲荷山の山頂(一の峯)まで続いているのだ、ということは案外知らない方もおられるかも。鳥居の数は、一万基以上はありそうです。

稲荷山に登るのは学生時代以来でしたが、一周約2時間の参拝コースはなかなか楽しかったです。標高は233メートルに過ぎませんが、先ほど書いたように無数の鳥居が続き、たくさんの「お塚」(4枚目写真)があり、何より山頂近くに至るまで、古びた茶店がいくつもある(そしていくつかの茶店には猫がいる)のが、町並み好きとしては興味を惹かれて、全然退屈しませんでした。

昔登ったときは、ここまで面白いと思った記憶がありません。やっぱり少しずつ、興味のポイントが変わってきてるのでしょう。まああの時は、バイトで脚立を担いで登ったので、そんな余裕はなかったのかもしれないけど。