大山崎山荘美術館2009年01月15日 22時07分20秒



せっかく近くまで来たので、天王山の帰り道に、大山崎山荘美術館に立ち寄ることになった。ここは初めてだったのだが、登録有形文化財だと言う本館は、さすがに見事な建物であった。

メインの展示として、山口晃という画家の個展が開かれていたのだが、この人の作品がなかなか面白く、思わず見入ってしまった。特に洛中洛外図は、いくら見ても見飽きることがなかったほどだった。個展は、3月8日まで開催。

コメント

_ 東一条商店会 ― 2009年01月16日 23時10分49秒

一昨年、娘と二人で旅行した時に立ち寄った大原美術館で、たまたまみましたよ、山口晃さんの鳥瞰図。欲しくてたまらなかったけど、図録すら高くて買えなかったので安いパンフレットでガマンしました。吉田初三郎さんの観光図が再評価されて久しいですが、なんで楽しいんでしょうね、ああいうの。子どもの頃に熱中した秘密基地の地図に通ずるのかな、て。

あ、「娘と二人で旅行」のくだりは自慢な。

_ NZ ― 2009年01月18日 14時19分07秒

おお、奇遇ですね、あの絵をごらんになりましたか。確かに町の鳥瞰図って楽しいんですよ。見飽きませんよね。以前博物館だかの展覧会で、昔の奈良市内の大鳥瞰図が年代順に展示してあるのを見たことあるんですが、すごい欲しかったです。去年京都市歴史博物館でも、市内の鳥瞰図展やってましたし。

しかし娘さんは、まだ一緒に出かけてくれるんですね(笑)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック