ダウン・サイジング再び2008年05月13日 22時47分11秒



さて、DP1と完全に画角が被るために出動の機会が無くなってしまったGRdigitalを弟に貸し出すことにした(この名機を眠らせておくのは惜しい)のだが、そうなると気軽にポケットに入れて持ち運べるデジカメが1台も無くなってしまった。

そこで、DP1とは極力対照的なデジカメを探すことに。すなわち、小さく軽くて安く、起動が早くてレスポンスが良く、光学ズームに手ぶれ補正があり、高感度もそこそこ使えて、VGA以上の動画が撮れるもの。そんなのがあるのかというと、ちょうどニコンのCoolpixS600と言うのが条件に当てはまった。ニコンなら、色調も馴染みがあって安心である。

で、大阪梅田の某カメラ専門店で値段を交渉してみたら、何と2万3千円という。これは量販店の相場よりも5千円も安い。しかもおまけでメモリカードを付けるというので、この値段ならサブ機にできる(一眼のレンズ一本の半額以下の値段である)と買ってしまった。

で、使ってみた感想だが、困ったことにこれが非常に良く写る。特に望遠側がなかなかシャープで、手ぶれ補正VRの効きも一眼のそれと遜色ない(液晶画面を見てもはっきりと効きが分かる)。高感度も、ISO800が実用になる。超小型で、デザインも良い。正直言って、ほとんどの場面ではこれで事足りそうで、これじゃむしろこっちがメイン機なんじゃないか・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック