スロー・フード2008年05月06日 21時40分29秒





天気が予定通り見事に回復したので、この休みに行こうかと思っていたもう一箇所である、和歌山の黒江へ向かう。まともに歩くのは8年ぶりなのだが、なかなかここに足が向かなかった理由でもある嫌な予感が当たり、景観上の重要ポイントになっていた建物がいくつも消失していた。行政による保存地区指定とかの手が何も打たれていないようなので仕方ないのだが、非常に残念。

で、黒江から日方地区まで足を伸ばし、さすがに疲れたのでファーストフードか何かでちょっと休もうかと海南市の市街へ向かったのだが、どうも見あたらない。海南と言えば、和歌山の中でも比較的発展している町のイメージがあったので、意外の感を抱きながら歩いていると、ついにありました。「ドムドムだったらうまくいく」のキャッチフレーズでおなじみ(ですね?)の、あのドムドムハンバーガー。

奈良にあった店に子供の時入って以来なので、何年ぶりだろうか。喜び勇んで頼んだハンバーガーは、記憶の通りなんとも微妙だったが、いかにも80年代のハンバーガーショップ的な雰囲気が残る店の造りが嬉しかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック