音羽の滝/オーバーヒート2007年10月13日 22時13分24秒

昨日会社の先輩と飲みに行ってた時に、「山科の東の果て、対向不能のとんでもなく狭い道を走った向こうに『音羽の滝』と『牛尾観音』というのがあって、秘境感たっぷり」という話を聞いて、そりゃ面白そうだとさっそくEC-02で行ってきました。

京都東インター近くの小山という辺りから山に入るのですが、なるほどここを車で走ったら大変だっただろうという道で、バイクで良かったと思うことしきり。ところが、坂がきつくてEC-02じゃ上るのが大変。時折地面を足で蹴ったり、降りて押したりしながら上りましたが、なんと始めて見る「HEAT」という警告が出てモーターが止まったり、苦労の果てにたどりついたのでした。(少し休ませたらすぐ回復しました)

写真は、「音羽の滝」。道の上から見下ろすような感じで迫力はありませんが、市街地近くの滝は貴重。他にもいくつか、名前の付いた小さな滝があります。「牛尾観音」は、「こんなところに唐突に立派なお寺が」と言う感じが、なかなか良かったです。思った通り修行の場で、水に打たれたりの行場が6種類完備されてます。もちろん修行はせずに帰ってきました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック