MDの底から2007年06月19日 23時38分43秒

MDのサルベージ作業がだいぶ進んできて、長らく聞いていなかった曲を久々に耳にすることも多い。「こんな曲入ってたのか、すっかり忘れてた」なんてこともあり、楽しい作業である。 それにしても、坂本龍一はさすがにきれいな曲を書くなあと感心。

いばらの冠が この髪にくいこむの あなたへと未だ靡く 魂を縛るため
このまま眠りたい 星の降る桟橋で 夜明けに凍えてる 亡骸を抱きに来て
(中谷美紀,「いばらの冠」)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック