新名神開通記念・亀山における高速道路の変遷2019年03月23日 21時03分32秒

新名神・鈴鹿パーキングエリア
(新名神 鈴鹿PA)

三重県の亀山と言えば、特に高速道路網において交通の要衝となっている場所で、大阪・奈良・京都方面から名古屋方面、伊勢方面へと向かう道(もちろんその逆も)が一堂に会する大拠点である。
 おかげでこの辺りのJCT類は、新しい道が開通するたびにルートがつけ変わったりして大変にややこしいことになっている。今までも何度もルート誤りをやらかした訳だが、今週初めに新名神四日市ルートが開通したのを記念して(ただし亀山西JCTは未完成)ここにまとめを書いておこうと思う。

まず、ここに接続している高速道路の類を順番に並べてみる。
①名阪国道
 奈良の天理ICと亀山IC⒜を結ぶ自動車専用道路で、前回の東京オリンピック前に突貫工事で完成した「千日道路」。色々経緯があって、建前上は一般国道25号だが、実際は無料の高速道路。各種設備のレベルが本物の高速道路よりもかなり劣り、日本一事故率が高い道路としても知られるが、全線延長70キロを無料で走れることから根強い人気がある。
 あくまで一般国道ということで、各種表示が高速扱いになっていない場合が多く、そのせいで他の道路からの接続が非常に分かりにくい(google mapは高速扱いのようである)。


(伊勢道から名阪国道への分岐。あくまで一般国道なので伊勢関出口で高速から降りて、関JCTから名阪に入る形になる。横の青い看板には、「名阪国道 大阪」と書いてある)

②東名阪自動車道
 名阪国道を亀山IC⒜から名古屋方面まで延長した形で作られた、こちらは有料の高速道路。近年、交通集中で大渋滞が慢性化していた。  

③伊勢自動車道
 名阪国道関JCT⒝から分岐する、伊勢方面への高速道路。

④新名神高速道路そのⅠ(いわゆる滋賀区間)
 名神高速道路の草津と、東名阪道の亀山JCT⒟とを結ぶ高速道路。

⑤新名神高速道路そのⅡ(いわゆる四日市区間)
 今週(2019年3月17日)開通した区間。新名神高速そのⅠの途中に新たにできた亀山西JCT⒡と、四日市JCT⒠とを結ぶ。東名阪自動車道の西側を並行する形の道路。

 この開通で、新名神高速道路そのⅠの亀山西JCT⒡と亀山JCT⒟の間は新名神本線から外れ、「亀山連絡路」となる。


(一応、全体図)

 以上で役者はそろったので、次に開通の順番に説明すると、
ア 名阪国道①の天理ICと亀山IC⒜間が開通(1965)

イ 名阪国道①を東に延長する形で、東名阪道②の亀山IC⒜から四日市JCT⒠までが開通(1970)。

ウ 名阪国道①の終点に近い関JCT⒝から南の伊勢方面へと分岐する伊勢自動車道③が開通(1975)。この時点では、関JCT⒝と亀山IC⒜との間はあくまで名阪国道①なので、東名阪道②と伊勢道③は直結しておらず、一旦高速を降りて一般国道である名阪国道①(ただし、見た目は高速)を経由する形に。

エ ウの状態が不便だったため、東名阪道②を亀山IC⒜から伊勢道③の伊勢関IC⒞まで延長し、直結させる(亀山直結線、2005年)。名阪国道①とは、区間が一部重なりあう形に。

 これにより、名阪国道①から東名阪道②の接続は亀山IC⒜、名阪国道①から伊勢道③の接続は関JCT⒝経由で伊勢関IC⒞、東名阪道②と伊勢道③の接続は伊勢関IC⒞という複雑なトライアングル状況が出来上がった。


(複雑すぎて、地図上でも苦労が見られる)

オ 新名神高速そのⅠ④の草津・亀山間が開通(2008)。亀山IC⒜の北側にできた亀山JCT⒟で、東名阪道と接続することになった。この結果、東名阪道には名阪国道①と伊勢道③と新名神高速そのⅠ④から来た車が全て集中することになり、四日市付近で大渋滞が連発するという状況に陥った。

カ 新名神高速そのⅠ④の途中、亀山JCT⒟の西側に新たにできた亀山西JCT⒡と四日市JCT⒠の間に新名神高速そのⅡ⑤が開通(2019)。この開通で、亀山西JCT⒡と亀山JCT⒟の間は新名神本線から外れ、「亀山連絡路」となった。

 東名阪道②と並行して名古屋に向かう路線がもう一つできたわけだが、両者は四日市JCT⒠で合流するため、京都方面から新名神高速そのⅠ④で来た場合、亀山西JCT⒡からそのまま新名神高速そのⅡで四日市に向かうか、亀山JCT⒟から東名阪道②で四日市に向かうかを選べることになる(四日市からも東名阪と伊勢湾岸道が分岐する)

キ 亀山西JCT⒡はまだ未完成(2019年度中には完成)で、新名神高速そのⅡと亀山JCT⒟との間は行き来できない。つまり、新名神高速そのⅡ⑤から名阪国道①や伊勢道②へ向かうことはまだできないわけである。ここを勘違いすると、とんでもない大迂回(土山まで降りられない)を強いられる。現状では、新名神鈴鹿PA(スマートICがある)で一旦降りて、下道を東名阪道②の鈴鹿ICへ向かい、もう一度高速に乗り直すしかないようだ。


(2つのJCT、並行する道)

・最後に
 以上でまとめは終わり。正直、自分で書いてても良くわからないわけですが、なんでこんなことを書こうと思ったかというと、水曜日の夜に急用で伊勢方面へ向かおうとしたところ、亀山西JCT⒡を誤って直進して新名神高速そのⅡに入ってしまい(だって元々は直進すれば東名阪道②の亀山JCT⒟だったのだ! 各種案内図も未だにそうなっておる!)、上記の「新名神鈴鹿PAで降りて東名阪鈴鹿ICで乗りなおす」というのを実際にやる羽目になったからなのでした。


(この案内図にも、草津から亀山JCTは直進で、鈴鹿方面が分岐路のように書いてある。本当は逆です)

 ネットにも情報がほとんどなくて非常に焦りましたが、もうどうでもなれと思ってついでに鈴鹿PAを見学したりしたおかげで、「もう一度新名神高速そのⅡに乗って引き返す」というのをやらずに済んだ(注意喚起のポスターが貼ってあった)のでした。これをやってたら、滋賀の土山まで戻ってしまうことになったでしょう。

 なお、新東名と新名神は直結しておらず、間に伊勢湾岸道が挟まるということも、併せてお伝えしておきます。


(新名神鈴鹿PAではホンダのF1カー?が見られます)