山間路快走2017年08月06日 17時03分57秒





先週のドライブが高速道路中心だったので、昨日は一般道、それも山間を走るアップダウンのある道を試して見ようと思って、定番の国道307号を信楽まで後期型FIT3でドライブしてきました。
普通の平坦な道では、前の車に比べてパワーが落ちているというのは全く実感できないどころか、CVTなどの改良でむしろよく走るようにさえ感じられるわけですが、やはりこういう道を走るとパワー(というかトルク)が落ちてるのが分かります。
パドルシフトで2速とか3速相当まで落としてやって、思い切りエンジンを回してパワーを稼ぐ感じになりますが、しかしこれはこれで面白く。前のRSよりもパドルシフト装備の意味がむしろ強まったようにも思えます。
シャシーが良くなってエンジンパワーが落ちてるということで、余裕がある分カーブを曲がる時なんかのハンドリングの安定性も増しているようで、思い通りに曲がってくれるので運転がうまくなったかのように錯覚するくらいでした。それにしても燃費の良さはさすがで、こんなコースでも燃費計ベースではリッター18キロ台とか平気で出ます。ハイブリッドには及びませんが、アトキンソンサイクルの省燃費VTECというのは伊達ではないようで。

帰りは栗東から名神でしたが、京都東から渋滞していると言うことで、その直前の大津SAで少し時間を潰しました。ここはいつの間にか全面改装されていて、全面ガラス張りのおしゃれカフェ風のフードコートから、琵琶湖の湖東から湖西までの大パノラマが一望できるという素晴らしいスポットになっていました。それなのにほとんど混雑していないというのが不思議なくらいでしたが、周囲のお客さんがみんなすごいと感嘆していたので、ここはいずれ人気が出てきそうな気がします。

お盆の連休・1日目2017年08月13日 20時10分20秒





お盆との重複で、恐らく一年でも一番混むだろうこの三連休。せっかくの夏なので、できれば人の少ないところに出かけたいわけですが、これがなかなか難しかったりします。
とりあえず、1日目と2日目にそれぞれいつものメンバーで出かけてきました。

初日は、某うらみちあんない管理人が珍しく車を出動させて(というか、ピカピカの新車が痛むから酷道は嫌だと僕がごねたので)京見峠の近くにある山小屋風の洋食屋へ行ってきました。
京見峠までの道は昔よりはかなり改良されていて、案外あっさりとたどり着けましたが、やはり下界に比べると相当に涼しく、扇風機だけで十分でした。ランチだけではもったいないくらいの、心地よい場所でした。

そこから京北の周山に出ておなじみのスーパーサンダイコー(目印にしていた看板がなくなったのは残念)で涼み、それから美山に出て美山牛乳ソフトを食った後久々のかやぶきの里を散策し、これもおなじみの日吉ダムそばの温泉に入って、最後は亀岡市内で焼肉といううらみち系黄金コース。おかげで渋滞にはほぼ全く遭遇しませんでした。やっぱり夏の京都は、北部山間地に限ります。

お盆の連休・2日目2017年08月14日 22時00分27秒





連休の二日目は、愛知県の津島市へ。当初は単独で行く予定でしたが、なぜか他にも行きたいというメンバーがいたので、三人で出かけることになりました。また素晴らしい天気でしたが意外と風は爽やかでした。さすがに、東名阪道の渋滞を完全回避することはできませんでしたが。

津島神社で知られる、名古屋駅から十数キロの距離にある郊外都市ですが、正直それほどの期待はしないで行ってみたところ、予想を完全に上回るほど歴史的な雰囲気が残り、当たりの町でした(某何とかペディアには「門前町の風情は失われている」と書かれているが明らかに言いすぎ)。

たまたま、同行メンバーの一人が南朝史跡好きで、旅行に行くと何かと良くわからない史跡などに必ず立ち寄ることになるのですが、偶然この津島には良親王だとか(後醍醐天皇の孫とのこと)ゆかりの史跡が数多く残り、うかつにもノーマークだった本人も驚いていました。
旧天王川の名残である天王川公園(ここで尾張津島天王祭が開催される)も、広々として気持ちのいい場所でした。廃川跡を当時の面影を求めて歩くのも、面白いです。