永遠の旅人よ2014年01月15日 20時47分08秒



ありがたい世の中になったもので、大瀧師匠のラジオを録音したものが、Youtubeに色々上がっている。これから何度も聴き直すことになるのかなとも思う。
少なくとも、師匠が残した楽曲はCDがレーザーですり切れるまで一生聴き続けることになるだろうな。ロンバケもイーチタイムも、間違いなく永遠の名盤である。


哀しみの裏側に何があるの? 涙さえも氷つく白い氷原
誰でも心に冬を かくしてると言うけど あなた以上冷ややかな人はいない

君の手紙読み終えて切手を見た スタンプにはロシア語の小さな文字
独りで決めた別れを 責める言葉捜して 不意に北の空を追う

伝えておくれ 十二月の旅人よ いついつ いつまでも待っていると

(大瀧詠一,「さらばシベリア鉄道」,「A LONG VACATION」M-10)
(写真は福井県です)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック