レタッチブラシ機能を試す2012年03月03日 21時50分00秒



去年の夏に後輩と行った、大菩薩ロード・青梅・湘南のドライブは楽しかった、ただ持って行ったカメラがゴミ取り機能のないD40で、たまたまローパス面にゴミが付着していたらしく、写真に写る湘南の空には、どれも同じ場所にゴミの影が写っているのが残念。
(上の写真の右上に竜巻みたいなのが写ってるのが、そのゴミ)

…なんてことを思いながら写真を眺めていてふと思い出したのだが、そう言えばいつも使っている現像ソフトの「CaptureNX2」に、何か簡単にゴミを取る機能があったはずだ。何年も使っているのに、まだこの機能は試したことがないような気がする。
起動して、メニューを確認してみると、「自動レタッチブラシ」という機能がある。確かこれだ。
機能を選択して、カーソルの先で空の影をすっ、となぞってみる。すると、ゴミの影はいとも簡単に消えてしまったではないか。こりゃ確かに簡単だ。

空のような全くの無地の場所だけでなく、海面に写ったゴミも簡単に消せる。
まあ、今のメインであるD90はローパスフィルターのゴミ取り機能があって、滅多にゴミが写り込むことはないのだが、D40を持ち出すこともまだあるので、またゴミが写るようなことがあったら使ってみようと思う。とりあえず、湘南の写真は片っ端から綺麗にしたのだった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック