BARBEE AGE2012年03月01日 20時21分53秒


バービーボーイズが好きで、活動当時はほんとに良く聴いた。初めて買ったアルバムである「Black List」(初期のベスト盤)など、何度聴いたか分からないくらい繰り返し聴いたはずだ。
男女ツインボーカルというのは斬新で、その後もほとんど見かけない気がする。カラオケでも、「一人バービーボーイズ」というのを良くやったが、何せ対照的なボーカルだから真似し易かった。

一時はあまり聴かなくなったのだが、iPodに手持ちのアルバムを全部入れたのをきっかけにまた聴くようになって、今も気が向くと聴いている。見事に名曲揃いである。
今の人は、ああいう大人向けの音楽を聴きたくなった時、何を聴くんだろうか?



あの娘と間違えて 慌ててるの? 待ち焦がれてたよに 聞こえてくる
 もう真夜中 しゃがれた声が 一度目のベルさえ鳴り終わってないのに
近くまで来てるのよ泊めてくれる? いきなりで悪いけど帰れないの
 ねェいいでしょ コインが無いわ 詳しく話すから着替えでも捜してて

あぶないぜ あぶないぜ ah 負けるもんか 負けるもんか
 あぶないぜ あぶないぜ ah 負けるもんか 負けるもんか

無理でしょ きっと泊めるわ 扉をそっと開けるわ
ぐらついたパッション つけこんでモーション 勝てるもんか
(Barbee Boys,「負けるもんか」,「Black List」M-11)

レタッチブラシ機能を試す2012年03月03日 21時50分00秒



去年の夏に後輩と行った、大菩薩ロード・青梅・湘南のドライブは楽しかった、ただ持って行ったカメラがゴミ取り機能のないD40で、たまたまローパス面にゴミが付着していたらしく、写真に写る湘南の空には、どれも同じ場所にゴミの影が写っているのが残念。
(上の写真の右上に竜巻みたいなのが写ってるのが、そのゴミ)

…なんてことを思いながら写真を眺めていてふと思い出したのだが、そう言えばいつも使っている現像ソフトの「CaptureNX2」に、何か簡単にゴミを取る機能があったはずだ。何年も使っているのに、まだこの機能は試したことがないような気がする。
起動して、メニューを確認してみると、「自動レタッチブラシ」という機能がある。確かこれだ。
機能を選択して、カーソルの先で空の影をすっ、となぞってみる。すると、ゴミの影はいとも簡単に消えてしまったではないか。こりゃ確かに簡単だ。

空のような全くの無地の場所だけでなく、海面に写ったゴミも簡単に消せる。
まあ、今のメインであるD90はローパスフィルターのゴミ取り機能があって、滅多にゴミが写り込むことはないのだが、D40を持ち出すこともまだあるので、またゴミが写るようなことがあったら使ってみようと思う。とりあえず、湘南の写真は片っ端から綺麗にしたのだった。

スカイツリーとハルカス2012年03月04日 20時32分12秒


いよいよスカイツリーが完成したようだ。東京のマスコミのはしゃぎ方は尋常ではなく、東京の人ってのは相変わらず物見高いんだなと苦笑してしまうが、ここでも何度か触れたとおりに、僕も高いタワーとかビルは大好きで、一時は日本の超高層ビルの高さランキングを暗記していたくらいだから、スカイツリーもやっぱり見たい。
(写真は大阪で七番目、高さ186メートルの梅田阪急ビル)

で、実は2014年に「あべのハルカス」という、高さ300メートルの超高層ビルが、大阪の阿部野橋に完成する。横浜のランドマークタワーを抜いて、日本一となる超高層ビルだ。
もしこれが東京にできるのなら、かなりの話題になったことだろうと思うが、これが大阪だとほとんど話題にならない。というか、当の大阪のマスコミも、ほとんど取り上げていない。こういう点、大阪人って言うのは東京の人に比べて冷めてるなと思うが、それでいいのだろうと思う。

雨の降る星2012年03月07日 20時27分01秒


雨のよく降るこの星では 神様を待つこの場所では
木も草も眠れる夜が過ぎるから
君にいっつも電話をかけて眠りたいよ
晴れた朝になって 君が笑ってもいい
(小沢健二,「天気読み」,「犬は吠えるがキャラバンは進む」M-2)

胸の傷が痛んでも2012年03月09日 22時19分06秒


アンパンマンのマーチ」、この歌が実は名曲であることを改めて気付かされたのは、バニラダヌキさんの「ゆうこちゃんと星ねこさん」第一巻を初めて読んだ時のことだったが、震災の被災地の方々にとっても、ラジオで繰り返し流されたこの歌は随分励ましになったようだ。
震災後に東北を旅行した時にも、電車の中でこの歌を何度も聴いたのを覚えている。
間もなく、一年。

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび 
たとえ 胸の傷が いたんでも

3.11―1年後2012年03月11日 20時51分08秒



あの日から、早くも1年の月日が流れた。
しかし今でもあの時の映像を見ると、あの日の衝撃がありありとよみがえってくる。この記憶は、阪神大震災の記憶と共に、薄れることのないままずっと残るだろう。

予想していたとおり、復興はまだまだ進んでいない。この国自体が、長く続くだろう衰退の時代に入ろうとしている今、我々は被災地の方々と共に、まだまだ様々な苦難に堪え忍んでいかなければならないだろう。 ひたすら続く地道な努力の向こう側にしか、明日は訪れない。一足飛びに全てが解決する、などという幻想に逃げてはならないのだ。

オン・ザ・ロード2012年03月17日 21時08分38秒


夜のドライブとか、寂れたドライブインなんかの雰囲気がとても好きでこだわりがあり、それを小説にしてみようと思って、去年「歌姫オン・ザ・ロード」という作品を書いた。
登竜門」に投稿した結果は、必ずしも好評とは言えなかった(男女で評価が分かれた感もある)が、それでも書きたかった要素を全部入れられたので、非常に気に入っている作品である。

ただ、この小説には未解決になっている宿題があって、時折文面を眺めては見るものの、良い直し方が思いつかずにいた。
ところが、今日ミスタードーナツでモバイルパソコンの画面を眺めていたら、「こうしたらどうか」というアイデアをふいに思いついた。完全な解決、とはいかないが、少しは良く直せそうな感じだ。
こういうのを思いつく瞬間が、小説を書いていて一番楽しい時間だと思う。

真心のシルエット2012年03月20日 10時43分06秒


笑って話せるね そのうちにって握手した
彼のシャツの色がまぎれた人混み

バスは煙り残し 小さく咳きこんだら 目の前が滲んだ黄昏
あなたが本気で見た夢を はぐらかしたのが苦しいの

私を許さないで 憎んでも覚えてて
今では痛みだけが真心のシルエット
(麗美,「青春のリグレット」,「R」M-9)

桜と武家屋敷2012年03月24日 14時59分49秒


まちなみ街道の町並み写真館に、ほんとに久々に新規の写真を掲載。
去年のゴールデンウィークに訪れた、角館の町並みです。先日廃止になった寝台特急「日本海」に乗って、早朝から訪れたのを懐かしく思い出します。

東日本大震災からあまり日も経っておらず、東北の観光が大打撃を受けているということで敢えて出かけたのですが、さすがに角館の桜は大人気で、多くの観光客が詰めかけてきていました。

Reason2012年03月25日 20時38分30秒


学生時代の一時期、KANの歌を良く聞いた。KANというと「愛は勝つ」があまりに有名になってしまったが、ああいう前向きな曲ばかりではなく、どちらかというと胸を締め付けられそうな哀しい曲も多い。
今でもそれらの曲を聴くと、あの頃のことを色々思い出す。
特に「REGRETS」を聴く時、雪の舞う廃線跡を一人で歩き続けた時のことを鮮明に思い出したりする。


When the night was hard to sleep いつからか
I was walking on the wind ひとりきり
いまさら おそいけど 言いそびれてたことが かくしてたことが まだまだ あったのに

本当は補欠だったLitte League
靴箱の奥の Western Boots
君と会う前の彼女との Photograph

君につくってた Christmas Song
君と会えなかった Valentine's
君にさよならを言った 本当の Reason

いまさら おそいけど 大声で笑ってても 何かに怒ってても
君はもういない
(KAN,「REGRETS」,「HAPPY TITLE−幸福選手権−」M-3」