ラストショー2011年06月11日 17時48分32秒


考えてみれば、ロック系をほとんど聞かない僕としては、浜田省吾は数少ない例外なのだろう。恐らく、「過ぎ去った青春」みたいなものをテーマとしている曲が多くて、そこに気持ちが惹かれるのだろうと思う。

もう一つ想い出に残ってるのが、就職前に何人かで行った静岡へのドライブ旅行の帰り、東名を走る車内で流れる「ラストショー」を、乗っていた全員が一緒に歌ったという場面。「ああ、これが青春の最後なんだ」とはっきりと思ったのを憶えている。しかし、みんな歌えたというのが、当時の浜省人気のほどを示しているような。リンク先のYouTubeのコンサート映像も、そんな一体感を感じさせる素晴らしいものです。

さて、次回は仙台からお送りする予定です。へとへとで、そんな余裕がない、とかいうことがなければですが。


さよなら エピローグは俺ひとり 明け方の 海岸線を走る
 さよなら フラッシュ・バックのような 過ぎた日々 抱きしめてもう一度 忘れるために
さよなら バックミラーの中に あの頃の君を 探したけど
 さよなら ボンネットを叩く雨 もう何も見えないよ もう何も聞こえないよ
さよなら…
(浜田省吾,「ラストショー」,「EDGE OF THE KNIFE」M-9)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック